【社会】ノロウィルスで14人感染 熱海所記念病院

 

 

熱海所記念病院(杉浦誠院長)は5日、院内でノロウィルスが原因とみられる感染性胃腸炎が集団発生したと発表した。

1月29日に入院患者2人が下痢やおう吐などの症状を訴え、ノロウィルスに感染していることが判明。

2月4日までに入院患者13人と職員1人の感染を確認した。

収束するまでは病棟での面会と入院対応を制限するが、外来患者の診察は通常通り行う。

 

◇熱海所記念病院の話

「現在、感染拡大防止に全力で取り組んでおりますが、まだしばらくの間、病棟の面会及び入院対応を制限しております」

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る