【経済】「uwabami」デザインのラッピング「湯~遊~バス」 4月1日運行開始

 

人気アートユニット「uwabami(うわばみ)」のムトウアキヒトさんとはらだかおるさんがデザインした「湯~遊~バス」が4月1日から運行するのに伴い31日、熱海市営東駐車場で完成披露式典があった。

 

式では東海自動車の石井文哉社長、斉藤栄熱海市長、内田進熱海商議所会頭、目黒俊男熱海温泉ホテル旅館協同組合理事長、駒嶺洋熱海市観光協会副会長のあいさつに続いて除幕式が行われ、「uwabami」の二人が「熱海には楽しい場所がいっぱいあるので、バスの中に収めるのがが難しかった。ペイントには2週間ほどかかった」などと制作の苦労話を披露した。

 

17年目を迎えるこのラウンドバスは31日で熱海市委託事業による運行を終了し、4月1日から伊豆東海バスが伊豆山ラインをなくして(路線バスで対応)自主運行する。
フルラッピングを施した黄色の2台の小型専用バス(座席19席)を使い、熱海駅を発着にお宮の松、サンビーチ、錦ヶ浦、起雲閣などを33分で回り、約30分置きに1日13便運航する。ボランティアガイドも引き続き乗車し、案内する。

 

料金は「湯~遊~バスフリーきっぷ」(1日乗車券)が大人700円、子供350円。熱海市民なども1乗車大人250円、子供130円で利用できる。

(熱海ネット新聞)

 

除幕式

除幕式

 

 

バス正面

「uwabami」デザインのラッピングバス

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る