【経済】「uwabami」デザインのラッピング「湯~遊~バス」 4月1日運行開始

 

人気アートユニット「uwabami(うわばみ)」のムトウアキヒトさんとはらだかおるさんがデザインした「湯~遊~バス」が4月1日から運行するのに伴い31日、熱海市営東駐車場で完成披露式典があった。

 

式では東海自動車の石井文哉社長、斉藤栄熱海市長、内田進熱海商議所会頭、目黒俊男熱海温泉ホテル旅館協同組合理事長、駒嶺洋熱海市観光協会副会長のあいさつに続いて除幕式が行われ、「uwabami」の二人が「熱海には楽しい場所がいっぱいあるので、バスの中に収めるのがが難しかった。ペイントには2週間ほどかかった」などと制作の苦労話を披露した。

 

17年目を迎えるこのラウンドバスは31日で熱海市委託事業による運行を終了し、4月1日から伊豆東海バスが伊豆山ラインをなくして(路線バスで対応)自主運行する。
フルラッピングを施した黄色の2台の小型専用バス(座席19席)を使い、熱海駅を発着にお宮の松、サンビーチ、錦ヶ浦、起雲閣などを33分で回り、約30分置きに1日13便運航する。ボランティアガイドも引き続き乗車し、案内する。

 

料金は「湯~遊~バスフリーきっぷ」(1日乗車券)が大人700円、子供350円。熱海市民なども1乗車大人250円、子供130円で利用できる。

(熱海ネット新聞)

 

除幕式

除幕式

 

 

バス正面

「uwabami」デザインのラッピングバス

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る