【編集室】「南欧熱海」はただ今世界一の「春景色」 コースタルリゾート計画も満開

 

「春一番」が吹いた18日、熱海は4月中旬の陽気でした。写真は南欧コートダジュールをイメージして造られた渚親水公園「スカイデッキ」での一コマです。

 

熱海サンビーチの澄んだ淡い青空と濃いブルーの海。

対峙しているのが満開のピンクの大寒桜たち。

そして両者を引き立てているのが中央の花壇。

黄橙藍赤のパンジーと薄紫の葉牡丹、純白のノースボール。

 

地中海風のリゾート目指し、国、県、市が合同で取り組んできたコースタルリゾート(CR)計画はきっちり成果を上げています。

ウイークデーにもかかわらず、「南欧熱海」目当ての若いカップルが大勢いました。

 

南仏ニースからモンテカルロ(モナコ)まで、仕事で何度もドライブしましたが、この「春の光景」は間違いなく熱海が上。

他の温泉観光地にはない貴重な観光資源です。

(編集主幹・松本洋二)

 

 

 

DSC_6972ssp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

    政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東…
  2. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

    静岡県は5月25日、前日公表した国際医療福祉大学熱海病院の男性職員(三島市)の新型コロナウイルス感…
  3. 2020-5-25

    来宮神社厄年奉賛会 6月1日授業再開の小中学生全員にマスク寄贈

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日-16日)で今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉…
  4. 2020-5-24

    国際医療福祉大学熱海病院の男性職員、新型コロナ感染 経路は不明

    静岡県は5月24日、熱海市の国際医療福祉大学熱海病院の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る