【編集室】これで「3分咲き」 そんなバナナ、糸川のあたみ桜は「見ごろ」です  

 

 

所用で芹沢書店の近くを歩いていると、糸川沿いに大きな人だかり。

吸い込まれるように遊歩道を歩いてみると、あたみ桜がほぼ満開。

多くの市民や観光客が一足早い桜見物を楽しんでいた。

 

仕事場に戻り、熱海市のホームページで糸川のあたみ桜の開花情報を調べて目が点になった。

開花度「3.06分咲き」(1月30日現在)

暖かったこの2日間で急速に開花したのだとしても、本紙の写真でも分かるように実際はほぼ満開。

8分咲きだ。

 

情報を頼りに来週末に桜見物に来る人たちは、見ごろを過ぎてしまう恐れもある。

引きも切らず、大勢の見物者が繰り出していただけに余計にそう思った。

観光を主幹産業とする自治体なら、この時期の土日の花情報発信は欠かせない。

(編集主幹・松本洋二)

 

◇2日の糸川桜まつり 「熱海温泉ホテル旅館協同組合デー」として熱海芸妓衆による歌と踊り、撮影会のほか、お汁粉のサービスなどがある。

 

満開

糸川00201-2

 

22

 

【写真】今井写真館・今井真一さん撮影=2月1日

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 「 連」結成10周年、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る