【観光】お座敷列車「華」でへ郡山へ出発 磐梯熱海交流の旅

 

熱海市観光協会が企画した「山の熱海・海の熱海交流の旅」に参加した市民120人と森田金清会長など協会関係者ら総勢140人が23日午前、お座敷列車「華」で熱海駅を出発、磐梯熱海駅(福島県郡山市)に向かった。

 

熱海駅には臨時の旅行受付が設けられ、協会スタッフがツアー参加者の座席を1号車から6号車に振り分け、専用のツアーバッジを支給。同協会の志塚実紀副会長や岸商店社長の岸秀明さんが緑の旗を掲げて引率。参加者は思い思いにお酒やつまみを持ってお座敷列車に乗り込んだ。

 

 

この夜は宿泊先のホテル華の湯で姉妹関係にある磐梯熱海温泉観光協会と懇親会を行い、24日は三春滝桜などを見学して午後8時ごろに熱海駅に戻る。

(熱海ネット新聞)

 

混雑 DSC_8781ss DSC_8810ss DSC_8873ss

DSC_8820SS2 a17

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始…
  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

    静岡県は11月21日、伊東市の高齢でない成人(県1118例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る