【観光】新船イルドバカンス・プレミアの浄祓い式とお披露目 19日に就航1日5往復

 

 

熱海と初島ををつなぐ新高速クルーズ船「イルドバカンス・プレミア」の浄祓い式と関係者へのお披露目が16日、熱海港であった。
伊豆山神社の原口尚文宮司による神事に続き、富士急行株式会社の堀内光一郎社長、勝俣孝明衆院議員、橋本一実県議、斉藤栄市長、内田進熱海商議所会頭、野俣光孝中部運輸長らがテープカットを行い、完成を祝った。

 

外観は爽やかな白を基調とし、船内は木目調で統一。バリアフリーも施されており、眺望が楽しめる海向きペアシートやパーティでも利用できるカウンターテーブルもあり、貸切船としても運行が可能。
19日に就航し、1日5往復する。

(熱海ネット新聞)

 

 

◇イルドバカンス・プレミア
富士急グループの富士急マリンリゾートが初島航路50周年事業で建造。新船の就航はイルドバカンス3世号以来20年ぶり。総重量320トン。全長43m、幅8.6m。定員605人。アテンダントが乗船し、初島のビュースポットを案内する。

◇熱海-初島航路
初島島民と観光客が1日平均684人、年間25万人が利用。熱海の観光誘客に貢献する重要航路。所要時間25分。

 

 

イルドお祓い

浄祓い式

 

 

イルド正面

正面

 

 

橋本イルド

全景

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 「 連」結成10周年、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る