【観光】3連休で熱海梅園に多くの観光客 熱海高エイサー部が舞踊を披露

今年最初の3連休の最終日となった13日、熱海梅園には多くの観光客が訪れ、園内で開催されているイベントも人気を博した。

全国的に寒さが続き、今シーズンの梅園は開花がやや遅れているが、正面入り口付近や売店周辺、韓国庭園などでは紅白梅が開花。市によると、園内の473本の梅のうち11日現在で117本の開花が確認されている。

梅の分まで集客に貢献しているのが、園内で行われている各種イベント。土曜・日曜日と祝日を中心に和太鼓や琴・尺八の演奏、歌謡ショー、芸妓衆による演芸や野だてなどがあり、この日は熱海高校エイサー部が沖縄の伝統舞踊、前日12日には大正琴の演奏会が開催された。

 

0113梅園

1月13日の熱海梅園の様子

熱海高校

熱海高エイサー部の演舞(1月13日)

大正琴はた

大正琴演奏会(1月12日)

【写真】珈琲専科「讃」 羽田剛さん撮影

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る