【防災】マグニチュード8に上方修正して津波訓練 熱海市

 

熱海市は東日本大震災から3年を前に9日、市内の沿岸部で津波避難訓練を実施した。26自主防災会のほか、行政、観光、警察、消防など約1500人が参加した。

昨年までは「マグニチュード7.0」、震度6強以上の地震による津波(10.5m)を想定して行っていたが、今年は「マグニチュード8.0」に上方修正して実施した。

避難ビルに指定されているマックスバリュ熱海店には清水、中央渚、旭町、旭町2丁目の住民らが避難した。

観光客の津波避難訓練も行い、斉藤栄市長が「海辺のあたみマルシェ」が開催されている銀座通り商店街を視察して歩いた。

(熱海ネット新聞)

 

市長防災

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-22

    ナイトクーポン安いらー!!」初日からバカ売れ、飲食店うれしい悲鳴

    3千円利用券が2千円で買える「ナイトクーポン安いらー!!」の販売が2月22日、市内各所で始ま…
  2. 2019-2-22

    熱海躍進のための礎づくりに本格的着手/齊藤市長が施政方針演説

    熱海市議会2月定例会が2月22日開会し、齊藤栄市長が38分に渡って施政方針演説を行った。4期目の初年…
  3. 2019-2-21

    2月23日は富士山の日、シャンソンや早朝ウォークなど 多彩なイベント

    2月23日の「富士山の日」は、熱海市内でも様々な催しが開かれる。観光ボランティア団体「熱海まち歩きガ…
  4. 2019-2-21

    【お悔やみ】島田勝代さん(熱海市昭和町)2月18日死去

    島田勝代さん(しまだ・かつよ)2月18日死去、84歳。旅館立花元女将。熱海市昭和町。通夜21日午後6…
ページ上部へ戻る