【防災】マグニチュード8に上方修正して津波訓練 熱海市

 

熱海市は東日本大震災から3年を前に9日、市内の沿岸部で津波避難訓練を実施した。26自主防災会のほか、行政、観光、警察、消防など約1500人が参加した。

昨年までは「マグニチュード7.0」、震度6強以上の地震による津波(10.5m)を想定して行っていたが、今年は「マグニチュード8.0」に上方修正して実施した。

避難ビルに指定されているマックスバリュ熱海店には清水、中央渚、旭町、旭町2丁目の住民らが避難した。

観光客の津波避難訓練も行い、斉藤栄市長が「海辺のあたみマルシェ」が開催されている銀座通り商店街を視察して歩いた。

(熱海ネット新聞)

 

市長防災

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-22

    熱海市教育委員会は10月22日、湯河原温泉の一角にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱海別邸」(令…
  2. 2020-10-22

    熱海の80代女性がマダニ感染症 静岡県で今年8例目、このうち5例が熱海市

    静岡県は10月21日、熱海市の80代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと…
  3. 2020-10-22

    【お悔やみ】土屋八郎さん(熱海市網代)10月20日死去

    土屋八郎さん(つちや・はちろう)10月20日死去、87歳。熱海市網代。通夜22日午後6時。葬儀23…
  4. 2020-10-21

    「神輿台車」を奉納 今宮神社厄年奉賛会「今宮新輪朋穣会

    今宮神社の例大祭で今年度の御鳳輦奉仕を務めた厄年奉賛会「今宮新輪朋穣会(しんわほうじょうかい)」(…
ページ上部へ戻る