【防災】マグニチュード8に上方修正して津波訓練 熱海市

 

熱海市は東日本大震災から3年を前に9日、市内の沿岸部で津波避難訓練を実施した。26自主防災会のほか、行政、観光、警察、消防など約1500人が参加した。

昨年までは「マグニチュード7.0」、震度6強以上の地震による津波(10.5m)を想定して行っていたが、今年は「マグニチュード8.0」に上方修正して実施した。

避難ビルに指定されているマックスバリュ熱海店には清水、中央渚、旭町、旭町2丁目の住民らが避難した。

観光客の津波避難訓練も行い、斉藤栄市長が「海辺のあたみマルシェ」が開催されている銀座通り商店街を視察して歩いた。

(熱海ネット新聞)

 

市長防災

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  2. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  3. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  4. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
ページ上部へ戻る