【防災】現在外国人住民336人 熱海市が「外国籍市民のための防災教室」

 

 

熱海市は12日、いきいきぷらざ6階の視聴覚教室で「外国籍市民のための防災教室」を開いた。災害時に情報弱者となりうる外国人が、災害時にどのように行動したらよいか、どう準備したらよいかなど、一昨年から毎年この時期に実施している。

「井戸端会議」のように少人数グループ単位で開催しており、この日は市役所近くに居住する中国国籍2人、フィリピン国籍1人の3人が出席した。

教室では危機管理課の大石真裕職員が講師を務め、東日本大震災時の相馬市(福島)や釜石市、宮古市(岩手)などの津波をビデオで振り返った後、熱海市で想定される地震などについて紹介した。

参加者の「熱海に津波が来たことはありますか」の質問に大石職員が「関東大震災の際には市役所の花ひろばのところまできたそうです」と答えると、聴講者たちは真剣にメモを走らせた。

(熱海ネット新聞)

 

◇熱海市の外国籍住人=12月末現在

31カ国336人(男106人、女230人)。トップ10は①中国(88人)②韓国・北朝鮮(86人)③フィリッピン(60人)④ブラジル(26人)⑤米国(15人)⑥ペルー(9人)⑦台湾、タイ(6人)⑨オーストラリア(5人)⑩カナダ、ドイツ、メキシコ、ベトナム(3人)

 

外人

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る