【防災】現在外国人住民336人 熱海市が「外国籍市民のための防災教室」

 

 

熱海市は12日、いきいきぷらざ6階の視聴覚教室で「外国籍市民のための防災教室」を開いた。災害時に情報弱者となりうる外国人が、災害時にどのように行動したらよいか、どう準備したらよいかなど、一昨年から毎年この時期に実施している。

「井戸端会議」のように少人数グループ単位で開催しており、この日は市役所近くに居住する中国国籍2人、フィリピン国籍1人の3人が出席した。

教室では危機管理課の大石真裕職員が講師を務め、東日本大震災時の相馬市(福島)や釜石市、宮古市(岩手)などの津波をビデオで振り返った後、熱海市で想定される地震などについて紹介した。

参加者の「熱海に津波が来たことはありますか」の質問に大石職員が「関東大震災の際には市役所の花ひろばのところまできたそうです」と答えると、聴講者たちは真剣にメモを走らせた。

(熱海ネット新聞)

 

◇熱海市の外国籍住人=12月末現在

31カ国336人(男106人、女230人)。トップ10は①中国(88人)②韓国・北朝鮮(86人)③フィリッピン(60人)④ブラジル(26人)⑤米国(15人)⑥ペルー(9人)⑦台湾、タイ(6人)⑨オーストラリア(5人)⑩カナダ、ドイツ、メキシコ、ベトナム(3人)

 

外人

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る