【AKB】島田晴香の想定タイムは「4時間20分」 初マラソンに「1キロ6分」ペースをマスター

 

4月13日の「グアムインターナショナルマラソン」でマラソンデビューするAKB48の島田晴香が16キロ走に挑戦、渡辺高博コーチ(早大競走部中距離コーチ)から本番へのお墨付きを得た。

26日付け日刊ゲンダイによると、一緒にチャレンジした鈴木まりや(SNH48兼任)、高城亜樹(JKT48兼任)を終始リードし、10キロまで予定通り「1キロ6分」のペースで軽快に飛ばした。

 

ところが、直後にアクシデントが発生。マメが潰れて出血、7分台にペースダウン。そこからの走りがAKB48マラソン部を指導する渡辺コーチをうならせた。日大三島高校時代にテニス部で鍛え抜いた島田は、靴下を脱いでティッシュをあてるや、何事もなかったかのように再び走り出したのだ。

残り4キロを6分ペースに戻し、きっちり完走。

 

本番に備え、本人は20キロまで延長を申し出たが、渡辺コーチが大事を取らせた。

 

「走っているいる時はお昼は何を食べようかと。とにかく甘いものが食べたい」。初マラソンへ向け、ウエイトもぎりぎりまで絞り、トップアスリートを思わせる精悍な顔つき。

 

「20キロ走ったとしてしてもまだ半分。考えたら恐ろしいです」とはいうものの、「1キロ6分」のペースはつかめた。マメ対策も経験済み。

暑さ対策の課題は残るが、それさえ克服できれば「4時間20分でのゴール」が見えてきた。

(熱海ネット新聞)

 

 

島田

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る