【AKB】島田晴香の想定タイムは「4時間20分」 初マラソンに「1キロ6分」ペースをマスター

 

4月13日の「グアムインターナショナルマラソン」でマラソンデビューするAKB48の島田晴香が16キロ走に挑戦、渡辺高博コーチ(早大競走部中距離コーチ)から本番へのお墨付きを得た。

26日付け日刊ゲンダイによると、一緒にチャレンジした鈴木まりや(SNH48兼任)、高城亜樹(JKT48兼任)を終始リードし、10キロまで予定通り「1キロ6分」のペースで軽快に飛ばした。

 

ところが、直後にアクシデントが発生。マメが潰れて出血、7分台にペースダウン。そこからの走りがAKB48マラソン部を指導する渡辺コーチをうならせた。日大三島高校時代にテニス部で鍛え抜いた島田は、靴下を脱いでティッシュをあてるや、何事もなかったかのように再び走り出したのだ。

残り4キロを6分ペースに戻し、きっちり完走。

 

本番に備え、本人は20キロまで延長を申し出たが、渡辺コーチが大事を取らせた。

 

「走っているいる時はお昼は何を食べようかと。とにかく甘いものが食べたい」。初マラソンへ向け、ウエイトもぎりぎりまで絞り、トップアスリートを思わせる精悍な顔つき。

 

「20キロ走ったとしてしてもまだ半分。考えたら恐ろしいです」とはいうものの、「1キロ6分」のペースはつかめた。マメ対策も経験済み。

暑さ対策の課題は残るが、それさえ克服できれば「4時間20分でのゴール」が見えてきた。

(熱海ネット新聞)

 

 

島田

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-29

    国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

    今月3日に起きた熱海市伊豆山の土石流災害で神奈川県境と熱海市東海岸区間の一部が不通になった国道13…
  2. 2021-7-29

    Jリーガーが支援の輪 土石流被災の子供たちに応援リュックサック届く 

    土石流で大きな被害を受けた熱海市の伊豆山地区の子どもたちを元気づけようと、熱海市伊豆山の介護ケアタ…
  3. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
ページ上部へ戻る