台風被害吹き飛ばせ、1000席があっという間に満席/あたみビール祭り

海辺の巨大ビアガーデンとして知られる「あたみビール祭り」(実行委員会主催)が8月1日、渚親水公園レインボーデッキで始まった。夏の風物詩を待ちわびた大勢の市民や観光客が続々来場、用意された1000席はあっという間に満席になった。タヒチ&ダンス「MADOKA with Tuaine」、のステージをはじめ、DJ Land(ラテンシンガー&セクシーダンサーズ)、地元のオヤジバンド「糸川ベンチャーズ」の演奏やもあり、ヨットハーバーから吹く心地よい潮風を浴びながら熱海のサマーナイトを満喫した。
オープニングセレモニーで斉藤栄市長は「あたみビール祭りは20回目をを迎え、夏の風物詩として定着した。ここでのどをうるおした後は、ぜひ熱海の夜の街へ足を運んでほしい。この会場から徒歩圏内で和食、洋食、中華、バー、スナック、カフェなどあらゆる分野の飲食店がある。夜通しで楽しんでいただきたい」。このとあいさつで会場は一気にヒートアップ。谷典利サッポロビール静岡統括支社長の音頭で一斉に乾杯し、4日間のビール祭りの幕が開いた。
会場では市内の12店舗が出店、サワー類やソフトドリンクの飲み物と焼き鳥、焼きそば、サザエつぼ焼き、網代イカメンチ、海鮮お好み焼き、枝まめなどを販売。メーンの生ビールは静岡県限定「静岡麦酒(ばくしゅ)」(サッポロビール)が提供され、2カ所に設置されたサーバーはフル稼働だった。
主催者は4日間で1万2000人の来場を見込んでいる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る