【観光】秋バラ開花、優秀庭園賞受賞を記念して県民を無料招待

フランス・リヨンで開かれた第17回世界バラ会議で、優秀庭園賞を受賞した熱海市のアカオハーブ&ローズガーデン(赤尾宣長社長)は文化の日の3日、静岡県民を無料で招待した。同会議は3年に1度開かれ、39カ国が参加。日本国内では神代植物公園ばら園(東京都調布市)など4カ所が受賞してきたが、日本の民間運営のバラ園が受賞するのは今回が初めて。

園内では、イングリッシュローズやフェアリー、アイスバーグなどの秋バラが見ごろを迎え、甘い香りに包まれている。ダリア、ノボタン、アメジストセージ、パイナップルセージなどの花も開花。周囲の山々は紅葉が進み、ガーデンを巡っていると花々の合間に太平洋が一望できる。長野県小布施町とコラボした「秋のガーデン・スイーツ祭り」も開催中で、栗やリンゴを使用したオリジナルスイーツも味わえる。

◆アカオハーブ&ローズガーデン 1988年に「曽我森林自然公園」として開園。当初はハーブが中心だったが、その後イングリッシュローズやオールドローズなどが植栽され、現在は25万坪の敷地に12ガーデンが設けられ、約600種4000株のバラが四季を通じて楽しめる。入園するとまず園内バスで一番上まで移動し、降車した後は各ガーデンを散策しながら下る。電話(0557-82-1221)。

入口IMG_4540ss日本庭園「天翔」

トップ

赤ばら美 IMG_4569ss IMG_4600ss  客 花2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る