伊豆山・仲道公民館に「みんなの食堂」新設 クリスマス会でスタート

食育を通じて楽しみに満ちたコミュニケーションの場を作ろうと市民グループ「ファミリーサロン熱海」(田窪由岐子代表)は12月23日、熱海市伊豆山の仲道公民館を活用して「みんなの食堂」をスタートさせた。
初回は「クリスマス会(LOHAS  Christmas)」を開き、地域の子どもたちや住民など約80人が巻きずしや団子汁、ゆずゼリーなどをつくり、一緒に味わった。次回は1月13日にアビタシオン2号棟(伊豆山)で開き、カレー作りと大型絵本読み聞かせ会を行う。2月からは同公民館で第2日曜に定期的に開催する。

熱海市では、2年前にボランティア団体「Smile熱海」(石橋浩美代表)が「子ども食堂」を開設。今宮神社や中央公民館で多様な生活スタイルで孤食になりがちな子どもに共食の機会を提供したり、調理のお手伝い等を通じて経験を広げたりする活動を続けている。
同団体のノウハウを盛り込んで新設するもので、伊豆山地区は小学生が少ない(64人)ことから、地域のお年寄りや移住者も楽しめる「みんなの食堂」とした。熱海への移住促進などの活動をしているNPO法人「ライフ熱都(ネット)」と協働で運営する。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■田窪由岐子代表  食卓を囲む様々な世代、分野の方々の交流は、楽しみに満ちたコミュニケーションの文化の場。食育を通じて子どもや高齢者を地域全体で見守る仕組みをつくる一助にしたい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  2. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
  3. 2019-1-18

    しじみ汁振る舞い「金色夜叉」PR/仲見世通り商店街

    尾崎紅葉筆塚祭を盛り上げようと、熱海駅から筆塚への通り道となる「熱海仲見世振興会」(椎野文夫会長)は…
  4. 2019-1-18

    あす19日午後1時「湘南なぎさ連」阿波踊り/あたみ桜糸川桜まつり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道であす19日(土)午後1時から「湘南なぎさ連」が阿波踊りを…
ページ上部へ戻る