熱海サンビーチで「どんどん焼き」 市民・観光客が無病息災祈る

正月にかかげられたしめ飾りなどを、ご神火をもって焚き上げる伝統行事「第34回どんどん焼き」(連合町内会中部部会主催)が1月13日、熱海サンビーチで開かれた。神事に続いて来宮神社の雨宮盛克宮司が、お飾りやだるまを若竹で組み上げた高さ20mのおんべに火をつけると、パチパチと音を立てながら一気に炎上。おんべを取り囲んだおよそ400人の市民や観光客はオレンジ色の炎に今年1年の無病息災を祈った。市議選出馬が巷間(こうかん)で伝えられる橋本一実前県議も訪れた。
どんどん焼きの火で焼いた団子を食べると風邪をひかないと言い伝えられ、当番町の有楽町町内会は、市民や観光客に紅白のもちをふるまい、長い列ができた。
14日は来宮神社で午後1時から鎮火祭・どんどん焼き、15日は伊豆山神社で午前11時から鎮火祭が行われる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



■どんどん焼き 古くなった神札(おふだ)、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、一カ所に積み上げて燃やし、無病息災を願うお正月の火祭り行事。「どんど焼き」、「おんべ焼き」とも呼ばれる。正月15日ごろにかけて行う。
■主催・熱海市連合町内会中部部会 本町・汐見町・東銀座町・浜町・銀座町・東町・中央渚町・旭町・温泉通り町・友楽町


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  2. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
  3. 2019-1-18

    しじみ汁振る舞い「金色夜叉」PR/仲見世通り商店街

    尾崎紅葉筆塚祭を盛り上げようと、熱海駅から筆塚への通り道となる「熱海仲見世振興会」(椎野文夫会長)は…
  4. 2019-1-18

    あす19日午後1時「湘南なぎさ連」阿波踊り/あたみ桜糸川桜まつり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道であす19日(土)午後1時から「湘南なぎさ連」が阿波踊りを…
ページ上部へ戻る