熱海サンビーチで「どんどん焼き」 市民・観光客が無病息災祈る

正月にかかげられたしめ飾りなどを、ご神火をもって焚き上げる伝統行事「第34回どんどん焼き」(連合町内会中部部会主催)が1月13日、熱海サンビーチで開かれた。神事に続いて来宮神社の雨宮盛克宮司が、お飾りやだるまを若竹で組み上げた高さ20mのおんべに火をつけると、パチパチと音を立てながら一気に炎上。おんべを取り囲んだおよそ400人の市民や観光客はオレンジ色の炎に今年1年の無病息災を祈った。市議選出馬が巷間(こうかん)で伝えられる橋本一実前県議も訪れた。
どんどん焼きの火で焼いた団子を食べると風邪をひかないと言い伝えられ、当番町の有楽町町内会は、市民や観光客に紅白のもちをふるまい、長い列ができた。
14日は来宮神社で午後1時から鎮火祭・どんどん焼き、15日は伊豆山神社で午前11時から鎮火祭が行われる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



■どんどん焼き 古くなった神札(おふだ)、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、一カ所に積み上げて燃やし、無病息災を願うお正月の火祭り行事。「どんど焼き」、「おんべ焼き」とも呼ばれる。正月15日ごろにかけて行う。
■主催・熱海市連合町内会中部部会 本町・汐見町・東銀座町・浜町・銀座町・東町・中央渚町・旭町・温泉通り町・友楽町


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

    政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東…
  2. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

    静岡県は5月25日、前日公表した国際医療福祉大学熱海病院の男性職員(三島市)の新型コロナウイルス感…
  3. 2020-5-25

    来宮神社厄年奉賛会 6月1日授業再開の小中学生全員にマスク寄贈

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日-16日)で今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉…
  4. 2020-5-24

    国際医療福祉大学熱海病院の男性職員、新型コロナ感染 経路は不明

    静岡県は5月24日、熱海市の国際医療福祉大学熱海病院の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る