1月17日に尾崎紅葉祭 「お宮の松」前で記念碑除幕式

熱海の名を全国に知らしめた小説「金色夜叉」の作者尾崎紅葉(1868~1903年)をしのぶ「第77回尾崎紅葉祭」(熱海市主催)が1月17日午後1時から、熱海市東海岸町のお宮の松前で開かれる。
毎年、熱海芸妓(げいぎ)が「金色夜叉」の別れの名場面を披露する。今年はお宮の松の広場の一角に建立した紅葉の記念碑の除幕式を行う。
また同日午前11時から筆塚保存会が熱海駅前の旅館「湯宿一番地」(旧・志ほみや旅館)で筆塚祭があり、来宮神社の雨宮盛克宮司紅が紅葉が愛用した筆がまつられている筆塚で神事を執り行う。同11時半からは、仲見世振興会が仲見世通りで「貫一・お宮鍋」を市民や観光客に振る舞う。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-15

    海岸沿いの市営駐車場3カ所、利用制限解除 熱海サンビーチ混雑なく方向転換

    熱海市は8月14日夕から第1親水公園駐車場、第2親水公園駐車場、渚町駐車場の利用制限を解除した。今…
  2. 2020-8-14

    熱海滞在の海水浴客がコロナ感染 8日、9日、10日の3日間利用

    静岡県は8月14日、熱海市内の海水浴場を3日に渡って利用した人が新型コロナウイルスに感染したと発表…
  3. 2020-8-14

    熱海保健所管内の高齢者施設でコロナ感染者 年齢、性別等は不公表

    静岡県は8月14日、熱海保健所管内の入居型介護有料老人ホームの1人が新型コロナウイルスに感染したと…
  4. 2020-8-14

    西部地区22町内会、買い物代行など無料サービス 協力者には時給千円支給

    熱海市の西部地区連合町内会(22町内会)は、高齢者のゴミ出しや交通不便地域の買い物代行など町内の困…
ページ上部へ戻る