「令和」初熱海海上花火大会 熱海銀座に客足戻る 新時代も切り札!

平成から令和に時代が変わって初めての熱海海上花火大会が5月11日夜、熱海湾で開催された。最大10連休となったゴールデンウイークの翌週で、反動が危惧されたが、首都圏などから若い世代のグループやカップルの観光客らが渚親水公園のデッキや熱海サンビーチに繰り出し、1万7千人が夜空を仰いだ。

熱海銀座通りも花火観賞の人が往き交い、バブル時代を彷彿させる夜の賑わいをみせた。熱海市観光協会が、大型観光企画「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」の一環で実施している富士急マリンリゾートのイルドバカンス プレミアを使った「花火観覧クルーズ」も250席が満席になるなど、新時代を迎えても花火は熱海観光の切り札になっている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■観衆 1万7000人
■主催 熱海市ホテル旅館協同組合連合会
■2019年(令和元年)熱海会場花火大会
春 3/31(日)・4/20(土)・5/11(土)・5/26(日)・6/16(日)・6/29(土)
夏 7/26(金)・7/30(火)・8/5(月)・8/8(木)・8/18(日)・8/23(金)・8/30(金)
秋 9/16(月・祝)
冬 12/8(日)・12/15(日)








関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る