あたみ田中家「熱海梅らーめん」 販売開始 23日まで500円で提供

熱海市役所前の横浜家系ラーメン「あたみ田中家」で6月21日、新メニュー「熱海梅らーめん」の販売を開始した。市内の梅干し製造会社「東明」の熱海ブランド商品「熱海梅干」とコラボ。夏向けのさっぱりした味が受け、初日から多くの人が舌鼓を打った。
通常750円の料金が23日までの3日間は500円で販売。このサービスに伴い、期間中の麺類は「熱海梅らーめん」のみの販売となる。
店主の田中悟志さんは「塩豚骨スープと熱海名産の梅干しが互いに味を引き立て、いい塩梅(あんばい)に仕上がりました。ぜひご賞味ください」と話している。ザーサイも梅味。ウッメェー!
(熱海ネット新聞)
■あたみ田中家 熱海市中央町1ー5 水梅ビル1F
■営業時間 11:30〜14:30 18:00〜24:00
■定休日 火曜日





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る