あたみ田中家「熱海梅らーめん」 販売開始 23日まで500円で提供

熱海市役所前の横浜家系ラーメン「あたみ田中家」で6月21日、新メニュー「熱海梅らーめん」の販売を開始した。市内の梅干し製造会社「東明」の熱海ブランド商品「熱海梅干」とコラボ。夏向けのさっぱりした味が受け、初日から多くの人が舌鼓を打った。
通常750円の料金が23日までの3日間は500円で販売。このサービスに伴い、期間中の麺類は「熱海梅らーめん」のみの販売となる。
店主の田中悟志さんは「塩豚骨スープと熱海名産の梅干しが互いに味を引き立て、いい塩梅(あんばい)に仕上がりました。ぜひご賞味ください」と話している。ザーサイも梅味。ウッメェー!
(熱海ネット新聞)
■あたみ田中家 熱海市中央町1ー5 水梅ビル1F
■営業時間 11:30〜14:30 18:00〜24:00
■定休日 火曜日





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る