マリンスパあたみが「ディスコ」に 1980~90年代にタイムスリップ

熱海市のマリンスパあたみ2階のオーシャンカフェで6月29日、ディスコパーティー「アタミ・ディスコティーク2019」(STI熱海海浜公園グループ主催)が開かれ、1980~90年代を沸かせたダンスナンバーが響き渡った。
「ディスコを通じて参加者同士が交流を図り、1970〜80年代の熱海のにぎわいを取り戻そう」と都内出身で熱海市民の遠山ユミさん(53)が中心になり、3年前に始め、今年で4回目。年々人気が高まり、今年も市内のディスコファンに加えて東京、神奈川、下田方面からも参加。約400人が珠玉のディスコナンバーで踊った。
会場にはマドンナのワールドツアーに参加した日本人初ダンサーで知られる「はむつんサーブ」さんとクルーが駆けつけ、パフォーマンスを披露。同クルーは今年7月27日に米ロサンゼルスで開かれる世界最大のダンスコンテスト「ワールドオブダンス」に2年連続出場、8月24日に横浜パシフィコで開かれるストリードダンスの世界大会「ジャパン ダンス ディライト」にも出場する。ともにトップ3入りが期待されている実力者。
日本のダンス界のレジェンド山国節夫さん、東京・赤坂にあったディスコ「ムゲン」で活躍した「伝説のDJ」マイク鈴木なども駆けつけ、きらきら光るミラーボールが回る会場はダンスフロアーと化し、ディスコ全盛時代にタイムスリップしたような賑わいを見せた。
これまで実行委員会形式で開催してきたが、今年からマリンスパあたみの指定管理者になったSTI熱海海浜公園グループの主催に代わり、バージョンアップした。
(熱海ネット新聞)
■遠山ユミ実行委員長 日本中に第一次ディスコブームが訪れていた1970〜80年代。熱海にも有名ディスコがあり、連日連夜にぎわっていた。当時の若者だった現在50代〜60代の市民だけでなく、東京、神奈川、下田方面から若い世代が参加している。日本屈指の夜景や花火が楽しめる熱海のシーサイドはディスコに最高のロケーション。世界大会前の忙しい中、毎年、アタミ・ディスコティークに駆けつけてくれるはむつんサーブに感謝している。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-15

    海岸沿いの市営駐車場3カ所、利用制限解除 熱海サンビーチ混雑なく方向転換

    熱海市は8月14日夕から第1親水公園駐車場、第2親水公園駐車場、渚町駐車場の利用制限を解除した。今…
  2. 2020-8-14

    熱海滞在の海水浴客がコロナ感染 8日、9日、10日の3日間利用

    静岡県は8月14日、熱海市内の海水浴場を3日に渡って利用した人が新型コロナウイルスに感染したと発表…
  3. 2020-8-14

    熱海保健所管内の高齢者施設でコロナ感染者 年齢、性別等は不公表

    静岡県は8月14日、熱海保健所管内の入居型介護有料老人ホームの1人が新型コロナウイルスに感染したと…
  4. 2020-8-14

    西部地区22町内会、買い物代行など無料サービス 協力者には時給千円支給

    熱海市の西部地区連合町内会(22町内会)は、高齢者のゴミ出しや交通不便地域の買い物代行など町内の困…
ページ上部へ戻る