非行防止、保護司への理解を「社会を明るくする運動」キャンペーン

犯罪や非行のない地域を築こうという法務省の「社会を明るくする運動」が始まり、同運動熱海市推進委員会(委員長・齋藤栄市長)は7月5日、熱海市街で街頭活動を行なった。
このうち、マックスバリュ熱海店前では、新村茂昭教育長、泉明寺みずほ市議会副議長らが街頭キャンペーンを行い、ポケットウエットティシュや啓発物を配り、犯罪や非行の防止と過去の過ちから再出発し未来に向かって挑戦するひとたちの更生について理解を求めた。
これに先駆け、市役所で同運動と青少年の非行・被害防止強調月間の推進セレモニーが開かれ、齋藤栄長が「地域での支え合いや、関係を深める活動をそれぞれの立ち場で展開してほしい」と熱海地区保護司会(宇畑良三会長)、青少年健全育成市民会議(野田正身会長)、熱海署など出席した関係者30人に協力を呼びかけた。
(熱海ネット新聞)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
  2. 2020-7-7

    新社長に富岡篤美氏 エフエム熱海湯河原 多賀・網代の難聴地区解消へ

    熱海市の「エフエム熱海湯河原」はこのほど、定時株主総会・取締役会を開き、役員改選で市内下多賀の旅館…
  3. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  4. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
ページ上部へ戻る