令和最初の御神女・関戸春羽さん、「神女神楽」奉納へ総仕上げ

来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する御神女(おみこ)の公開稽古が7月8日夜、同神社本殿行あり、令和最初の御神女の大役を務める関戸春羽(せきど・すわ)さん(桃山小2年)が、1カ月続いた舞いの稽古の成果を披露した。
神女神楽は、同保存会(本多勇治会長)が、鎌倉時代から続くしきたりに沿って指導。この夜は、取材陣や祭典関係者が見守る中、本番同様に神女役の小山太一さんと櫻井佑介さんを従えて、龍笛、大太鼓、鞨鼓(かっこ)、銅拍子に合わせて厳かに舞い、本殿に鈴の音を響かせた。
御神女は同神社とゆかりが深い氏子から毎年1人選ばれ、今年は保存会や祭典委員により熱海市役所に勤務する関戸有理さん、友香さん夫妻(桃山町)の次女が抜てきされた。「神のお使い」となる御神女は例大祭の期間中は地面に足を付けるのも禁じられ、親といえども、触れることが許されない。
同神社の書庫にはおよそ800年の歴代の御神女の名が残されており、伊豆國霊社・来宮神社の歴史を伝える。
例大祭では2日目(15日)と3日目(16日)の神幸祭、御神幸行列などの際に神女神楽を奉納する。
(熱海ネット新聞)





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-23

    秋の夜空に3千発 4連休最終日、熱海秋季海上花火大会 ホテルは満室

    秋の4連休最終日の9月22日、熱海湾で熱海海上花火大会の秋季シリーズが開幕した。台風12号…
  2. 2020-9-23

    イベント緩和 南熱海ロングビーチガールズ、長浜特設市でフラダンス披露 

    熱海市上多賀の長浜海浜公園・うみみえ~る長浜で9月22日、地元のフラグループ「南熱海ロング…
  3. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  4. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
ページ上部へ戻る