【イベント】熱海の夏の思い出にいかが 500人が流しそうめんを堪能

 

熱海仲見世振興会(椎野文夫会長)は28日、熱海駅前の仲見世商店街で流しそうめん500食を振る舞った。アーケード街に全長70メートルの竹が設置され、市民や観光客が流れてくるそうめんをおいしそうにほおばった。このイベントは2003年に始まり、当初は同商店街の子どもたちへの夏休み最後のサービスだったが、年々、規模が大きくなり新たな熱海の夏の風物詩になっている。

写真=赤尾光一さん撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る