雅楽の音色で風流な「お月見」来宮神社で「仲秋 観月祭 演奏会」

雅楽を聞きながら十五夜をめでる「仲秋 観月祭 演奏会」が9月13日夜、来宮神社であった。毎年、四季を通じて最も月が美しく輝いて見える「仲秋の名月」の日に開かれる恒例行事。雨宮盛克宮司が神事を執り行い、神前に団子や果物などを備えて月をまつった。
その後、巫女が「悠久(ゆうきゅう)の舞」と琴。大仁雅楽会、宮内庁関係者など19人が管弦、舞楽を奉納し、月が出るのを待った。
雅楽は、古代中国や朝鮮半島から伝わり、1330年以上の歴史を持つ。「世界最古のオーケストラ」とも呼ばれ、平安時代の貴族などは、管絃してお月見の宴を催したという。それを再現ー。
今年は厚い雲で月が隠れて見えない「無月(むげつ)」となったが、訪れた人たちは、楽師が奏でる笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)、笏拍子(しゃくびょうし)、太鼓、琴の風流な音色や雅楽の伴奏にして舞う舞楽を堪能した。
参拝者には、来宮神社例大祭「こがし祭り」にちなんだ「こがしまんじゅう」がふるまわれた。
(熱海ネット新聞)

悠久の舞


琴曲 「六段の調 (ろくだんのしらべ)」「雲井六段 」(くもいろくだん)


管弦 「壱越調 音取(いちこつちょう ねとり」「迦陵頻級(かりょうびんきゅう)」、武徳楽(ぶとくらく)」

舞楽 「右方」(うほう)「還城楽(げんじょうらく)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  2. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  3. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  4. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
ページ上部へ戻る