雅楽の音色で風流な「お月見」来宮神社で「仲秋 観月祭 演奏会」

雅楽を聞きながら十五夜をめでる「仲秋 観月祭 演奏会」が9月13日夜、来宮神社であった。毎年、四季を通じて最も月が美しく輝いて見える「仲秋の名月」の日に開かれる恒例行事。雨宮盛克宮司が神事を執り行い、神前に団子や果物などを備えて月をまつった。
その後、巫女が「悠久(ゆうきゅう)の舞」と琴。大仁雅楽会、宮内庁関係者など19人が管弦、舞楽を奉納し、月が出るのを待った。
雅楽は、古代中国や朝鮮半島から伝わり、1330年以上の歴史を持つ。「世界最古のオーケストラ」とも呼ばれ、平安時代の貴族などは、管絃してお月見の宴を催したという。それを再現ー。
今年は厚い雲で月が隠れて見えない「無月(むげつ)」となったが、訪れた人たちは、楽師が奏でる笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)、笏拍子(しゃくびょうし)、太鼓、琴の風流な音色や雅楽の伴奏にして舞う舞楽を堪能した。
参拝者には、来宮神社例大祭「こがし祭り」にちなんだ「こがしまんじゅう」がふるまわれた。
(熱海ネット新聞)

悠久の舞


琴曲 「六段の調 (ろくだんのしらべ)」「雲井六段 」(くもいろくだん)


管弦 「壱越調 音取(いちこつちょう ねとり」「迦陵頻級(かりょうびんきゅう)」、武徳楽(ぶとくらく)」

舞楽 「右方」(うほう)「還城楽(げんじょうらく)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る