熱海で温泉医療研修会、熱海温泉の自宅利用者と健康データの相関性に注目

日本温泉気候物理医学会(東京都中央区)は9月29日、熱海後楽園ホテルで東海北陸地区の温泉医療研修会を開いた。東海7県をはじめ、沖縄、京都、栃木などから温泉療法医・温泉療法専門医を目指す医師、医療関係者、温泉医学に関心を持つ一般市民など約70人が参加した。
正しい温泉療法の指導を行ったり、温泉療養者に対する療養相談に対応できる専門医の養成目的で毎年、全国のブロック単位で研修会を開催。今回は同学会評議員の渡辺修一温泉療法専門医(熱海市田原本町、渡辺耳鼻咽喉科・アレルギー科クリニック病院院長)が座長を務めた。
シンポジウムでは、東京都市大学の早坂信哉教授(日本健康開発財団温泉医科学研究所長)が「熱海温泉の習慣的利用と健康指標の関連」と題して講演。2012年から浜松医大と熱海市、熱海市医師会が協同で研究を行ってきた「熱海市民の特定健診データと温泉利用者」の相関性を分析。自宅で温泉を利用している市民は血圧を下げる降圧剤の内服率が低く、週1回以上温泉を利用している人は、動脈硬化を起こして心筋梗塞や脳梗塞を発症させるLDLコルステロール(悪玉コレステロール)が低いことなどが紹介された。約3割の世帯が市営温泉を自宅や別荘に引いている熱海市ならではの貴重なデータだけに、参加者は熱心に聞き入った。
国際医療福祉大学大学院の前田眞治教授(日本温泉科学会会長)は「箱根温泉郷の温泉効果と楽しみ方」をテーマに講演した。
齋藤栄市長(温泉所在都市協議会会長)、竹部隆市議会議長(全国温泉所在都市議会議長協議会会長)が来賓として招かれ、熱海の温泉の歴史や取り組み方などを紹介した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る