マダニ媒介の感染症 熱海の60代男性「日本紅斑熱」発症

静岡県は10月2日、熱海市の60代の男性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと発表した。男性は9月23日に発熱し、24日に紅斑がでたため、地元で受診したのち、30日に東部の医療機関に入院。その後、マダニが媒介する感染症「日本紅斑熱」を発症していたことが分かった。快方に向かっているという。
日本紅斑熱は、重症化すると死亡することもあり、マダニは秋も活動が盛んなことから、県はレジャーや農作業の際、肌の露出を少なくし、マダニに刺された場合は早めに医療機関を受診するよう呼びかけている。
ことし静岡県内の医療機関で感染が確認された患者数は7人目。統計を取り始めた2000年以降、最も多い。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  2. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
  3. 2020-9-20

    満天の星空の下で映画鑑賞会 姫の沢公園・スポーツ広場で初開催 

    星空の下で映画を楽しむ野外上映会が9月19日夜、熱海市の姫の沢公園・スポーツ広場で開かれ、…
  4. 2020-9-20

    【お悔やみ】工藤尚志さん(熱海市網代)9月18日死去

    工藤尚志さん(くどう・なおし)9月18日死去、92歳。熱海市網代。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
ページ上部へ戻る