マダニ媒介の感染症 熱海の60代男性「日本紅斑熱」発症

静岡県は10月2日、熱海市の60代の男性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと発表した。男性は9月23日に発熱し、24日に紅斑がでたため、地元で受診したのち、30日に東部の医療機関に入院。その後、マダニが媒介する感染症「日本紅斑熱」を発症していたことが分かった。快方に向かっているという。
日本紅斑熱は、重症化すると死亡することもあり、マダニは秋も活動が盛んなことから、県はレジャーや農作業の際、肌の露出を少なくし、マダニに刺された場合は早めに医療機関を受診するよう呼びかけている。
ことし静岡県内の医療機関で感染が確認された患者数は7人目。統計を取り始めた2000年以降、最も多い。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-5

    伊豆山神社の神輿渡御、石段下り今年も中止 コロナ禍で2年連続、神事のみ

    熱海市の伊豆山神社例大祭で4月15日に予定されていた御輿渡御と石段下りが昨年に続き、中止されること…
  2. 2021-3-5

    【お悔やみ】東常隆さん(熱海市小嵐町)3月2日死去

    東常隆さん(あずま・つねたか)3月2日死去、82歳。熱海市小嵐町13の7。通夜6日午後6時。告別式…
  3. 2021-3-5

    【お悔やみ】田中秀雄さん(熱海市初島)3月3日死去

    田中秀雄さん(たなか・ひでお)3月3日死去、96歳。熱海市初島187。出棺5日午前10時10分、J…
  4. 2021-3-4

    三菱地所、熱海にワーケーションオフィス開業 ホテルニューアカオと業務提携

    三菱地所は3月4日、ワーケーションオフィス「WORK×ation Site熱海」を5月に開業すると…
ページ上部へ戻る