雨の中、ジャズを熱演 熱海芸術祭・ムーンライトショーで「パンとハコ」

「熱海芸術祭」(実行委員会主催)の一環で開催している「ムーンライトショー」4日目は10月7日夜、渚親水公園ムーンテラスで無料ジャズライブ「熱海のJazzyな夜」を開き、「パンとハコ」のデュオが登場。雨が降る中、サックスとギターでジャズのスタンダード・ナンバーを演奏した。
前半のステージでは雨が降らず、数十人が聞き入っていたが、同8時ごろから細かい雨。後半のステージは途中から雨脚が強まり、会場は閑散になった。ステージの屋根が簡易テントだったため、二人は演奏を早めに切り上げ、一度は楽屋に引き揚げた。しかし、急ぎ足で駆けつけた観客の姿を目にするとステージに戻り、スタッフに傘をさしてもらい、ずぶ濡れになりながら演奏を再開した。
最後に訪れた人は、熱海サンビーチ近くのマンションに住む熱海市民。「ベランダから演奏が見えたので 下りてきたら終わっちゃっていて。でも最後に一曲聞けたから大満足です」と感激。
主催者と熱海市は、雨天でもジャズライブが見られるように大型エアロシェルターを用意して開催するとしていたが、風の影響を考慮して今回のムーンライトショーでは使用を自粛。これを知らずに訪れた人もおり、「パンとハコ」の熱意が熱海芸術祭の信頼回復に一役買った。
最終日の8日は、「三浦浩コンテンポラリーギタートリオ」がステージを務める。時間は午後7時半〜8時、8時半〜9時の2回。美しい熱海の夜景、光のショーとともにジャズの生演奏が楽しめる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

キャメロッツ(4日)

YUHKIカルテット(5日)

NEUTRAL ZONE(6日)

パン&ハコのジャジーな戯け(7日)

三浦浩コンテンポラリーギタートリオ(8日)

アートコーディネーター伊勢谷宣仁さん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る