雨の中、ジャズを熱演 熱海芸術祭・ムーンライトショーで「パンとハコ」

「熱海芸術祭」(実行委員会主催)の一環で開催している「ムーンライトショー」4日目は10月7日夜、渚親水公園ムーンテラスで無料ジャズライブ「熱海のJazzyな夜」を開き、「パンとハコ」のデュオが登場。雨が降る中、サックスとギターでジャズのスタンダード・ナンバーを演奏した。
前半のステージでは雨が降らず、数十人が聞き入っていたが、同8時ごろから細かい雨。後半のステージは途中から雨脚が強まり、会場は閑散になった。ステージの屋根が簡易テントだったため、二人は演奏を早めに切り上げ、一度は楽屋に引き揚げた。しかし、急ぎ足で駆けつけた観客の姿を目にするとステージに戻り、スタッフに傘をさしてもらい、ずぶ濡れになりながら演奏を再開した。
最後に訪れた人は、熱海サンビーチ近くのマンションに住む熱海市民。「ベランダから演奏が見えたので 下りてきたら終わっちゃっていて。でも最後に一曲聞けたから大満足です」と感激。
主催者と熱海市は、雨天でもジャズライブが見られるように大型エアロシェルターを用意して開催するとしていたが、風の影響を考慮して今回のムーンライトショーでは使用を自粛。これを知らずに訪れた人もおり、「パンとハコ」の熱意が熱海芸術祭の信頼回復に一役買った。
最終日の8日は、「三浦浩コンテンポラリーギタートリオ」がステージを務める。時間は午後7時半〜8時、8時半〜9時の2回。美しい熱海の夜景、光のショーとともにジャズの生演奏が楽しめる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

キャメロッツ(4日)

YUHKIカルテット(5日)

NEUTRAL ZONE(6日)

パン&ハコのジャジーな戯け(7日)

三浦浩コンテンポラリーギタートリオ(8日)

アートコーディネーター伊勢谷宣仁さん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    秋の訪れ、真っ赤な彼岸花 今年も定刻通り見頃に 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱海梅園で…
  2. 2020-9-18

    菅内閣、国土交通副大臣に岩井茂樹氏 内閣府副大臣と復興副大臣を兼務

    政府は9月18日の閣議で、菅内閣発足に伴う副大臣と政務官の人事を決めた。副大臣人事では、国土交通副…
  3. 2020-9-18

    熱海市民向け宿泊プラン 神奈川・静岡県民も対象に 宿泊5千円補助

    川口健市議 熱海市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策として独自に実施していた…
  4. 2020-9-18

    熱海市のコロナ感染者比率県内トップ 人口10万人に置き換えと106人

    杉山利勝市議 熱海市議会9月定例会の一般質問が9月17日始まり、各議員から新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る