雨の中、ジャズを熱演 熱海芸術祭・ムーンライトショーで「パンとハコ」

「熱海芸術祭」(実行委員会主催)の一環で開催している「ムーンライトショー」4日目は10月7日夜、渚親水公園ムーンテラスで無料ジャズライブ「熱海のJazzyな夜」を開き、「パンとハコ」のデュオが登場。雨が降る中、サックスとギターでジャズのスタンダード・ナンバーを演奏した。
前半のステージでは雨が降らず、数十人が聞き入っていたが、同8時ごろから細かい雨。後半のステージは途中から雨脚が強まり、会場は閑散になった。ステージの屋根が簡易テントだったため、二人は演奏を早めに切り上げ、一度は楽屋に引き揚げた。しかし、急ぎ足で駆けつけた観客の姿を目にするとステージに戻り、スタッフに傘をさしてもらい、ずぶ濡れになりながら演奏を再開した。
最後に訪れた人は、熱海サンビーチ近くのマンションに住む熱海市民。「ベランダから演奏が見えたので 下りてきたら終わっちゃっていて。でも最後に一曲聞けたから大満足です」と感激。
主催者と熱海市は、雨天でもジャズライブが見られるように大型エアロシェルターを用意して開催するとしていたが、風の影響を考慮して今回のムーンライトショーでは使用を自粛。これを知らずに訪れた人もおり、「パンとハコ」の熱意が熱海芸術祭の信頼回復に一役買った。
最終日の8日は、「三浦浩コンテンポラリーギタートリオ」がステージを務める。時間は午後7時半〜8時、8時半〜9時の2回。美しい熱海の夜景、光のショーとともにジャズの生演奏が楽しめる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

キャメロッツ(4日)

YUHKIカルテット(5日)

NEUTRAL ZONE(6日)

パン&ハコのジャジーな戯け(7日)

三浦浩コンテンポラリーギタートリオ(8日)

アートコーディネーター伊勢谷宣仁さん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

1月
25
2020
9:30 AM 熱海市民駅伝 @ 網代小→市役所
熱海市民駅伝 @ 網代小→市役所
1月 25 @ 9:30 AM – 11:30 AM
 
1:30 PM 阿波踊り・湘南なぎさ連 @ 糸川遊歩道
阿波踊り・湘南なぎさ連 @ 糸川遊歩道
1月 25 @ 1:30 PM – 2:30 PM
あたみ桜糸川桜まつりで阿波踊り披露
1月
26
2020
10:00 AM 熱海芸妓・野点茶会 @ 熱海梅園
熱海芸妓・野点茶会 @ 熱海梅園
1月 26 @ 10:00 AM
梅まつり会場で熱海芸妓の野点茶会(11:00〜、13:00〜)、演芸会(11:30〜、14:00〜)
2月
8
2020
11:00 AM パーカッション「ナル💛ミDream @ 糸川遊歩道ドラゴン橋
パーカッション「ナル💛ミDream @ 糸川遊歩道ドラゴン橋
2月 8 @ 11:00 AM
あたみ桜糸川桜まつりでパーカションなどの演奏。11:00〜、13:00〜
渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2020-1-20

    伊豆多賀に春到来、さくらの名所散策路で「四季の道桜まつり」開幕

    熱海市のJR伊豆多賀駅と県立熱海高校を結ぶ「さくらの名所散策路」(通称・四季の道)で「四季…
  2. 2020-1-19

    旅情を揺さぶる冬景色 一夜明け、熱海が「別の顔」 山間部が一面銀世界

    熱海市が晴天となった1月19日朝、滅多に見られない北欧のような雪景色が広がった。前線を伴う低気圧と…
  3. 2020-1-18

    18日未明から初雪、熱海市の山間部が銀世界! 積雪で路面凍結に注意

    本州の南岸を進む低気圧の影響で、熱海市の上多賀・自然郷、熱海・笹尻交差点付近では1月18日未明から…
  4. 2020-1-18

    「貫一・お宮なべ」振る舞い「金色夜叉」をPR 仲見世通り商店街

    尾崎紅葉筆塚祭を盛り上げようと、熱海駅から筆塚への通り道となる「熱海仲見世振興会」(椎野文夫会長、…
ページ上部へ戻る