宮神輿、御鳳輦神輿 熱海市街を厳かに巡行 今宮神社・御神幸行列

今宮神社(泉明寺みずほ宮司、八代一雄氏子総代長)例大祭・西部観光祭(鈴木幸雄実行委員長)が10月19日、開幕した。午前8時15分から巡幸祭が行われ、神事と鏡開きに続いて厄年奉賛会「今宮元祷(げんとう)會」の岩瀬勝也会長が橋本利勝進行部長に出発の指令。厄年奉賛会の会員たちが今宮神社の神々を御鳳輦に乗せて宮出しし、氏子地域を巡行した。
午後は1時の発輿式の後に御神幸行列が出発。社伝神楽、熱海笛怜会、神社神輿、御鳳輦が行列を作り、今宮元祷會の会員が扮した大黒、恵比寿が厄払いの福もちを配りながら、桜ケ丘バス停ーガーデンハイツー金城館と巡行し、渚小公園で小休止。その後、清水町ー栄町公民館などのルートを巡行して午後5時過ぎに宮入りした。途中、恵比寿会(厄年奉賛会のOB、OGで構成)の女性会員たちが神社神輿を担ぎ、厄年奉賛会の会員の地元町内ではそれぞれ万歳を三唱し、会員や町内会の人たちに祝福された。

宮入り後の本殿前では、神輿保存会(細田泰秀会長)が御神幸行列の成功を祝って一本締め。今宮元祷會の会員は御鳳輦の神輿を担いで10周ほど回り、祭りは最高潮に達した。
神輿友好団体「嵐和会」、町内会の神輿、子供神輿も市街や町内を練り歩き、祭りに花を添えた。21日は午後4時から例大祭神事。同6時から神輿パレードが開かれる。
(熱海ネット新聞)
<10月19日(土)>
■御神幸行列 今宮神社~桜ヶ丘バス停→紅葉ヶ丘ガーデンハイツ→桜町→天神町交差点15:00→ 和田浜通り→ホテル大野屋→渚小公園(社伝神楽奉納)→起雲閣15:50→下天神町交差点→天神町交差点16:00→金城館→ 魚助商店→栄町公民館→第二小学校→今宮神社
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る