熱海市、台風被害支援「宿泊クーポン」発行取りやめ 再検討で効果に疑問

熱海市は12月12日、台風19号で断水などの被害を受けた市内ホテル旅館の誘客促進に発行するとしていた「宿泊割引クーポン」(総額200万円)の発行を取りやめると発表した。「施策として広く市内全般に誘客が図れるか等について再検討した結果、効果が限定的にとどまる」と判断し、取りやめを決めた。
市は今月2日、熱海温泉ホテル旅館協同組合、伊豆山温泉旅館組合、南熱海網代温泉旅館協同組合などの市内旅館組合加盟施設のうち、「楽天トラベル」と契約している市内全域139施設を対象に風評被害支援として500円券1500枚。断水被害を受けた21施設(熱海温泉16、伊豆山温泉5)を対象に2000円券500枚をインターネットの旅行予約サイト「楽天トラベル」を通して発行。12月16日チェックインから2020年2月29日チェックアウト分まで使用できるとしてきた。
しかし、キャンセル発生の要因が断水以上にJRの計画運休の影響を指摘する声が多くあったことと、2000円クーポン券が利用できる施設が、伊豆山地区と市街山手地区に偏っていることから公平さを欠くと判断した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る