熱海市、台風被害支援「宿泊クーポン」発行取りやめ 再検討で効果に疑問

熱海市は12月12日、台風19号で断水などの被害を受けた市内ホテル旅館の誘客促進に発行するとしていた「宿泊割引クーポン」(総額200万円)の発行を取りやめると発表した。「施策として広く市内全般に誘客が図れるか等について再検討した結果、効果が限定的にとどまる」と判断し、取りやめを決めた。
市は今月2日、熱海温泉ホテル旅館協同組合、伊豆山温泉旅館組合、南熱海網代温泉旅館協同組合などの市内旅館組合加盟施設のうち、「楽天トラベル」と契約している市内全域139施設を対象に風評被害支援として500円券1500枚。断水被害を受けた21施設(熱海温泉16、伊豆山温泉5)を対象に2000円券500枚をインターネットの旅行予約サイト「楽天トラベル」を通して発行。12月16日チェックインから2020年2月29日チェックアウト分まで使用できるとしてきた。
しかし、キャンセル発生の要因が断水以上にJRの計画運休の影響を指摘する声が多くあったことと、2000円クーポン券が利用できる施設が、伊豆山地区と市街山手地区に偏っていることから公平さを欠くと判断した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る