3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開かれ、県内外から出場した24チーム・72人が、初島港から12キロ離れた熱海サンビーチのゴールを目指して力泳した。
レースは正午にスタート。気温29・5度、海水温27度、南南西の風2メートル。雨混じりの天候だったが、波の高さは0・5メートルと海面コンデションが良く、序盤から飛ばした初出場の神奈川県水泳連盟(社会人チーム、25号艇)が2時間1分56秒で逃げ切り、初優勝を果たした。2位は八王子水泳愛好会(2時間6分33秒)、3位は慶應葉山(2時間22分54秒)。市内の中学生チーム「「熱海桜ヶ丘スイミングクラブ」は23位(3時間28分34秒)だった。
3連覇中(通算優勝9回)の伊東高校水泳部は今大会はエントリーしなかった。

同団体競泳は、大正15年(1926年)に始まり、熱海の夏の風物詩として全国的に知られている。2020年はコロナ感染拡大、21年は伊豆山土石流の影響で中止になり、3年ぶりの開催。今年はコロナ感染防止のため、表彰式と閉会式は行わず、賞状等は郵送した。
(熱海ネット新聞)
■大会史上3番目 神奈川県水泳連盟の優勝タイム2時間1分56秒は大会史上3番目の好タイム。過去最高は54回大会(2001年)ウオーターメイツスイムクラブの1時間56分39秒。次いで66回大会(2013年)伊東高校水泳部の1時間59分11秒。2時間切りはこの3チームだけ。前回大会優勝の伊東高水泳部は2時間9分5秒。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る