和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎に無病息災祈る

新春の熱海の風物詩「どんどん焼き」が1月12日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のある和田木地区の「どんどん焼き」は午前8時から網代駅に近い大縄海岸で行われ、無病息災と五穀豊穣(ほうじょう)を祈る炎が一気に燃え上がった。
一度途絶えたものを「和田木親と子の会」初代会長の川口市雄さん(前市長)が町おこしの一環として復活させ、川口健市議が引き継ぎ、以来50年続いている。和田木町内会(川口覚会長)の住民が竹林から切り出した竹にお正月飾りや護守、だるまなどを加え、高さおよそ20メートルに組み上げた。

竹は1年間、寝かせて乾燥させたものを使うのが伝統で、点火するやパチパチと音を立て瞬く間に燃え上がった。厄よけとされる焼いた竹は、町内会や地元消防団員細かく割って参加した人たちや町内に配った。それぞれ自宅の玄関などに飾り、魔除けや豊作を祈念する。
(熱海ネット新聞)

中野海岸では午前6時から開催され、中野町内会(高杉京一会長)と消防第7分団が協力し、「おんべ」の周りに正月飾りやだるま、しめ縄などを高く積んで点火。パチパチという竹のはじける音とともにおよそ700世帯の正月飾りが燃え上がった。火が弱まった頃、子どもたちは竹の先に餅を付けてじっくりと焼き、1年間の健康を祈りながら味わった。会場では甘酒やお汁粉も振る舞われた。
(熱海ネット新聞)

上多賀町内会(山田光貴会長)は午前6時から長浜海岸で「どんど焼き」を開いた。消防団や町内会が協力し、「おんべ」の周りに正月飾りやだるま、しめ縄などを高く積んで点火。およそ60人の地域住民や観光客が水平線がうっすらとオレンジ色に染まり、空がしらんでゆく多賀湾を背に今年一年の無病息災を願った。
(熱海ネット新聞)

下多賀町内会(中島和昭会長)では午前8時から長浜海岸で開催。越村修市議をはじめ地域住民およそ100人が参加し、今年一年の無病息災を願った。消防団や町内会が協力し、20メートルほどの「おんべ」の周りに正月飾りやだるま、しめ縄などを高く積んで点火。パチパチという竹のはじける音とともに激しく燃え上がった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

    政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東…
  2. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

    静岡県は5月25日、前日公表した国際医療福祉大学熱海病院の男性職員(三島市)の新型コロナウイルス感…
  3. 2020-5-25

    来宮神社厄年奉賛会 6月1日授業再開の小中学生全員にマスク寄贈

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日-16日)で今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉…
  4. 2020-5-24

    国際医療福祉大学熱海病院の男性職員、新型コロナ感染 経路は不明

    静岡県は5月24日、熱海市の国際医療福祉大学熱海病院の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る