多賀観光協会、あすから「四季の道桜まつり」初開催 さくらの名所散策路

熱海市が県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしよう整備した「さくらの名所散策路」で1月18日から2月2日まで「四季の道桜まつり」(多賀観光協会主催)が初開催される。
JR伊豆多賀駅と熱海高を結ぶ全長760メートルの遊歩道(15年かけ2017年3月完成)で「四季の道」の愛称でも知られる。熱海高側入り口から320メートルの区間に87本のあたみ桜が植えられている。1月17日現在、57本が開花し、10本程度が1分咲きだが、月末ごろから見ごろに入る。

多賀湾の景色も楽しめ、通学する生徒ばかりでなく、南熱海の散策スポットになっている。
同まつりに合わせ、多賀観光協会は期間中の土曜、日曜に長浜海浜公園からジャンボタクシーによる無料送迎を行う。時間は午前10時〜午後3時。問い合わせは0557ー67ー2255(同協会)へ。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る