幸運の梅「開運」がアンカー 熱海梅園の59品種、472本の梅出そろう

毎年、熱海梅園でもっとも遅く咲く梅「開運」が3月12日、見ごろを迎えた。これで園内の59品種472本の梅の木がすべて出そろった。若い世代の来園者に人気の梅で、縁起の良い名前にちなんでこの花の写真を撮り、お守りにしたり、SNSで発信したりするのがブームになっている。今季は令和になって初めての「開運」でプレミアが付く。遠方で来園できない方は、本紙の写真をお役立てください。日本一早咲きは11月12日、冬至梅だった。

園内では、梅のシーズンが終わり、春の風物詩の代表ともいえるツクシが太陽に向かって真っすぐに伸び、長いものは15センチある。野草たちも色とりどりかれんな花を咲かせ、本格的な春の到来を告げている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-24

    熱海銀座の飲食店で20代5人が食中毒 9月7日利用者、サルモネラ菌検出

    静岡県は9月24日、熱海市銀座町の「熱海銀座おさかな食堂」(夜は、おさかな酒場)を9月7日に利用し…
  2. 2020-9-24

    【お悔やみ】太田信雄さん(熱海市伊豆山)9月21日死去

    太田信雄さん(おおた・のぶお)9月21日死去、74歳。熱海市伊豆山。出棺26日午前11時、般若院。…
  3. 2020-9-24

    【お悔やみ】加藤忠男さん(熱海市下多賀)9月21日死去

    加藤忠男さん(かとう・ただお)9月21日死去、94歳。熱海市下多賀。出棺25日午後2時、JAホール…
  4. 2020-9-23

    秋の夜空に3千発 4連休最終日、熱海秋季海上花火大会 ホテルは満室

    秋の4連休最終日の9月22日、熱海湾で熱海海上花火大会の秋季シリーズが開幕した。台風12号…
ページ上部へ戻る