新型コロナ緊急経済対策 5万円2カ月の家賃補助など1億3千万円 熱海市

熱海市議会は4月15日、全員協議会を開き、齋藤栄市長および当局から新型コロナウイルス感染症対策で市独自の緊急経済対策を盛り込んだ総額1億3154万円の2020年度一般会計補正予算の専決処分について説明を受け、了承した。

第1弾(3・4月)では、県制度融資(最大8000万円)を利用した事業者の利子補助(1・3%〜1・4%)を行うほか、売り上げが50%以上減少している小規模事業者の店舗や事業所の家賃を上限5万円で2カ月連続で補助する。来週から申請を受け付け、600事業者を想定している。
また、お座敷のキャンセルが相次いでいる熱海芸妓(登録80人)の組合費(月額8000円)と舞踏や常磐津、長唄、茶道などの稽古料3カ分を補助する。
第2弾(5・6月)では、市民および別荘所有者向けに市内の宿泊施設を利用できる5000円のクーポン券を1000枚発行するほか、飲食店で使える額面500円のプレミアム付きクーポン券を400円で5万枚販売する。
第3弾は新型コロナウイルスの終息の時期に合わせて国が実施する1兆6000億円の地域活性の「Go Toキャンペーン(仮称)」と県の大型誘客キャンペーンに1億円乗せ、市独自の経済対策を実施するとしている。
一連の経緯を説明し、齋藤栄市長は「いずれもこれまでの熱海になかったメニュー。当初は臨時議会を組んで補正予算を考えたが、議会側から1日も早く予算を執行するために専決処分を、という申し出があった。了承を得られれば、速やかに実行したい」と述べた。

議員からは「緊急経済対策も大事だが、新型コロナウイルスをどうやって防ぐのかの施策がない。これまでに熱海市内で(感染を確認する )PCR検査を受けた人はいるのか」の質問に、市当局は「件数とタイミングは聞いていないが、(熱海保健所から)過去に何件か受けている、と聞いている」と話した。
また新型コロナウイルスの感染拡大で市内のホテル旅館が大打撃を受けていることから「現在営業しているホテル旅館の数」と急増している首都圏などからの“コロナ疎開”を踏まえ、「直近の別荘所有者の数」を問う質問があり、市は「熱海温泉では57軒中、通常営業しているのは8軒」「2019年別荘税対象者は9099人」と答えた。

別の議員が、県内の他の市町で、新型コロナウイルス対策で自治体が補償を用意した上で、宿泊や飲食の事業者に休業を求めていることを受け、「断腸の思いだが、熱海もホテル旅館の利用者や別荘所有者に対し、(新型コロナウイルスの)感染が終息するまでの間、熱海に来るのを控えてほしい、と発信するのも手だが、市長にその考えはあるか」と質すと、市長は「すでに営業している宿泊施設は8軒、(熱海に来るのを)控えてほしいという状況ではない」とした後で「市民、来遊者の皆様に自分は保菌者だと思っていただき、『密閉・密着・密接』を避けることが感染防止につながる」と述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る