熱海サンビーチ、人影なく物寂しい雰囲気 例年のGWと大きく様変わり

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令される中、ゴールデンウイーク真っ只中の5月1日、熱海市は今年最高の気温25・3度を観測し、今年初の夏日となり、6月下旬の並の暖かさとなった。例年なら観光客で賑わう熱海サンビーチも全国的な感染拡大防止の外出自粛で人の姿がなく、物寂しい雰囲気が漂っている。
市内の観光施設は営業を休止し、飲食店も店を閉めており、観光客でにぎわう例年とは大きく様変わりした。

市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」も運行を休止し、バス停留所やタクシー乗り場も閑散。タクシーの運転手は「ゴールデンウイークとはとても思えない。閑古鳥が鳴いている」とこぼした。
政府は5月6日としていた緊急事態宣言を5月末まで延長する方針だが、休業要請や休業補償などの対応は決まっておらず、廃業を考える経営者も出てきた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 1人は県内陽性者の濃厚接触者

    静岡県は12月2日、熱海市で新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1人は高齢者男…
  2. 2020-12-2

    コロナ対策に活用して 熱海市に消毒液寄贈 熱海南ロータリークラブ

    熱海南ロータリークラブの岸秀和会長と大舘節生幹事は12月2日、熱海市役所を訪れ、創立60周…
  3. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  4. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
ページ上部へ戻る