散り様の美、朝に咲いて夕には落ちるナツツバキ 澤田政廣記念美術館で咲く

仏教の開祖・釈迦がその樹下で入滅した沙羅双樹(さらそうじゅ)として知られるナツツバキが、熱海梅園に隣接する澤田政廣記念美術館横で涼しげな白い花をつけ始めた。
ナツツバキは、朝に咲いて夕には落ちてしまうことから、生のはかなさを象徴する花とされ、平家物語の冒頭にも登場する。同美術館には開館した33年前に4本のナツツバキが植栽され、毎年、この時期になると、はかなく散り、建物を囲む小川を流れる風情を求めて市内外から花愛好家が訪れる。
6月9日の熱海は、今年最高気温28・9度。7月下旬の陽気となり、熱海梅園では涼をとる人たちが、新緑が際立つ園内を散策した。
(熱海ネット新聞)
写真=6月9日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  2. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
  3. 2020-8-10

    熱海サンビーチ、今年一番の混雑 入場制限に備え「五輪対策専門家」配備

    熱海サンビーチで8月9日、今年一番の人出を記録した。今夏はコロナの感染予防のため、熱海市は…
  4. 2020-8-10

    熱海市上宿町で住宅兼会社の火災 1時間後に鎮火、けが人はなし

    12月9日午前3時25分ごろ、熱海市上宿町の三ツ星工業で住宅兼会社の一部を焼く火災があり、約1時間…
ページ上部へ戻る