熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から再開する。新型コロナウイルスの影響で4月22日から全便運休していた。感染防止のため、当面の間、1日18便のうち12便運行の臨時ダイアで運行し、特別専用車両「彩」とボランティアガイドの案内は見合わせる。運賃は1日乗り降り自由な「湯~遊~バスフリーきっぷ」が大人700円(子供350円)。1回の乗車は250円(子供130円)。熱海の観光も動き出した。
(熱海ネット新聞)
問い合わせ 0557−85−0381(東海バス熱海営業所)

■湯~遊~バス時刻表…http://www.tokaibus.jp/file.jsp?id=11118
■きっぷ発売所 湯~遊~バス車内、東海バス熱海駅前案内所、熱海温泉ホテル旅館協同組合、熱海後楽園ホテルフロント、セブンイレブン各店舗(セブンチケット)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-13

    疫病退散の願い込め「赤いナイアガラ」 熱海・伊豆多賀温泉海上花火大会

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」が開催された。今年は集客イ…
  2. 2020-8-13

    コロナ感染防止対策の適合証明ステッカー完成 500飲食店へ交付始まる

    「熱海市飲食業コロナウイルス対策協議会」が製作していた感染防止対策ができていることを証明するステッ…
  3. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  4. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
ページ上部へ戻る