休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自に一律10万円を給付する「中小企業応援給付金」の申請締め切りが7月17日に迫っている。
対象は、休業要請協力金の対象となった宿泊施設や飲食店などを除く、美容院やクリーニング店、土産物店、建設業などあらゆる業種の市内約1500事業者。4月もしくは5月の売り上げが前年比で50%以上減少したことが条件。市は1億5000万円の予算を組み、5月25日から申請を受け付けたが、申請件数は7月3日時点で581件。予算額に対する申請率は38・3%。市は「申請期限が迫っているので、早めの申請を」と呼び掛けている。
また、新型コロナウイルスのため、売り上げが減り、家賃が払えない事業者を対象に月額5万円を上限に2カ月の家賃を助成する「小規模事業者家賃助成金」も申請件数は436件。市が予算化した6000万円(600事業所)の68・7%。こちらの申請は9月30日まで受け付ける。
ともに条件を満たしていれば、申請すればお金がもらえる。要チェック。
(熱海ネット新聞)

■中小企業応援給付金https://www.city.atami.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/008/059/goannai.pdf

【熱海市新型コロナウイルス感染症対策中小企業等応援給付金】
■給付額 一事業者あたり10万円
■条件 新型コロナウイルス感染症の影響で4月もしくは5月の売り上げが前年比で50%以上減少した市内の事業者。熱海市もしくは静岡県の新型コロナウイルス感染防止協力金の対象(休業に応じていない事業者も含む)を除く。
■申請期間 5月25日〜7月17日
■申請方法 原則郵送(熱海市役所のホームページより申請書等をダウンロード)

■小規模事業者家賃助成金https://www.city.atami.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/007/921/shinsei0420.pdf

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る