熱海に夏到来、「ウォーターパーク」営業開始 子供たちの歓声響く

熱海サンビーチが海開きした7月23日、熱海市観光協会は大型海上アスレチック「ウォーターパーク」の営業を開始した。今年は新型コロナウイルスの感染防止対策のため、毎回の利用人数を従来の100人から70人に制限し、「密閉・密着・密接」に備える。利用客には入場時に検温と手指消毒、全員の連絡先の記入を義務付けている。
ウォーターパークは、熱海サンビーチの沖合約10メートルの海上に設けた強化ゴムでつくった縦約30メートル、横約40メートルの浮遊アスレチック。シーソーや滑り台、トランポリン、クライミング、トンネルなど約30種の遊具が楽しめ、毎年、海水浴客に人気がある。
今夏は7月23日から8月23日まで開催し、営業時間は午前10時~午後4時。1時間ごとの入れ替え制で料金は高校生以上が1時間1500円、中学生以下は1000円。熱海市民は500円引きで利用できる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-13

    疫病退散の願い込め「赤いナイアガラ」 熱海・伊豆多賀温泉海上花火大会

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」が開催された。今年は集客イ…
  2. 2020-8-13

    コロナ感染防止対策の適合証明ステッカー完成 500飲食店へ交付始まる

    「熱海市飲食業コロナウイルス対策協議会」が製作していた感染防止対策ができていることを証明するステッ…
  3. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  4. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
ページ上部へ戻る