熱海に夏到来、「ウォーターパーク」営業開始 子供たちの歓声響く

熱海サンビーチが海開きした7月23日、熱海市観光協会は大型海上アスレチック「ウォーターパーク」の営業を開始した。今年は新型コロナウイルスの感染防止対策のため、毎回の利用人数を従来の100人から70人に制限し、「密閉・密着・密接」に備える。利用客には入場時に検温と手指消毒、全員の連絡先の記入を義務付けている。
ウォーターパークは、熱海サンビーチの沖合約10メートルの海上に設けた強化ゴムでつくった縦約30メートル、横約40メートルの浮遊アスレチック。シーソーや滑り台、トランポリン、クライミング、トンネルなど約30種の遊具が楽しめ、毎年、海水浴客に人気がある。
今夏は7月23日から8月23日まで開催し、営業時間は午前10時~午後4時。1時間ごとの入れ替え制で料金は高校生以上が1時間1500円、中学生以下は1000円。熱海市民は500円引きで利用できる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-17

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 10歳代女性と未成年者

    静岡県は1月17日、熱海市に住む10歳代女性と未成年者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感…
  2. 2021-1-17

    熱海梅園に閑古鳥 緊急事態宣言追加で観光客も車も姿消す 例年の1割以下

    東京、神奈川、埼玉、千葉に発令されていた緊急事態宣言の対象地域が11の都府県に拡大されて初…
  3. 2021-1-17

    【お悔やみ】野田秀作さん(熱海市和田町)1月16日死去 56歳

    野田秀作さん(のだ・しゅうさく)1月16日死去、56歳。熱海市和田町19の24。熱海市体育協会水泳…
  4. 2021-1-16

    楽天トラベル温泉宿泊客、熱海が全国1位 10〜20代の1人旅42%増

    旅行予約サービス「楽天トラベル」は1月15日、「2020年 人気温泉地ランキング」を発表した。年間…
ページ上部へ戻る