自民党県連がヒアリング 自民党熱海支部、来年度の県予算に8項目要望

県の来年度予算編成を前に、自民党静岡支部連合会による熱海市への予算要望のヒアリング(聴き取り)が8月28日、熱海市の起雲閣で開かれた。会議では、鈴木澄美県連政調会長、藤曲敬宏、野田治久同副会長(ともに県議)が同党熱海支部から要求内容の説明を受け、勝俣孝明衆院議員、岩井茂樹参院議員、県幹部らが同席した。
同党熱海支部からは、市議の田中秀宝政務調査会長、稲村千尋幹事長と田島秀雄事務局長、森田金清氏、杉山恭平青年部長が出席。金井慎一郎副市長ら市幹部が同席した。

熱海支部からの要望は、①初島災害対策(第一漁港のテトラポット設置)②初島への海底配水管布設替の費用補助③熱海港防災安全対策・港湾改修・津波対策④アフターコロナ時代の魅力ある商店街づくり助成⑤教職員の増員・学校施設修繕⑥東部特別支援学校伊東分校へのスクールバス運行⑦河川の治水対策・県道国道の歩道の管理⑧小児救急医療施設運営の事業時補助ーの8項目。

島民および観光客に不可欠な初島の海底配水管(水道)は設置から40年が経過。劣化が進んだため、総額16億円で令和2−3年に調査、4ー5年に布設替工事を予定している。しかし、国庫の助成補助率が2分の1から4分の1に減額されたため、熱海市の負担が増え、県に減額分の補助を要望した。

質疑応答では、津波防災対策について県から「初川河口部に水門を設ける工事は来年度から着手、南熱海地区の防潮堤のかさ上げは再来年度4月に着手」などの回答があった。

藤曲県議は「このヒアリングは、来年度の予算に反映させるべく、自民党の各市町支部から地元の切実な要望を伺い、県当局に回答してもらうという会議。今年は熱海支部の新規要望として静岡県唯一の離島である初島の災害対策と海底配水管布設替支援の要望があった。コロナ禍で県の財政も厳しいが、政務調査会で内容の精査を進め、反映できるよう努力していく」と述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-1

    女子ゴルフの渡邉彩香さんが結婚 お相手は埼玉栄高同級生の柔道家

    熱海市出身の女子ゴルファー•渡邉彩香さん(27=大東建託)が3月1日、結婚を発表した。お相手は埼玉…
  2. 2021-3-1

    序ノ口優勝の熱海富士、序二段西48枚目 大相撲春場所番付 3月14日初日

    日本相撲協会は3月1日、大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。初場所で序ノ…
  3. 2021-3-1

    満開の大寒桜、ひっそりとライトアップ 熱海市の渚親水公園市営駐車場

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出を控える動きが続く中、熱海市の渚親水公園市営駐車場で大寒桜(…
  4. 2021-2-28

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と20歳代男性 2月28日

    静岡県は2月28日、熱海市に住む高齢でない成人(性別は不公表)と20歳代男性の新型コロナウイルス感…
ページ上部へ戻る