金森和道さん、熱海市清水町にコロナ対策専門店 市民の感染対策に一助

新型コロナウイルスの感染症拡大防止に役立ててほしいと、熱海市清水町に新規オープンした「あんしん工房 感染対策研究所」(金森和道店長)は12月3日、熱海市役所に齋藤栄市長を訪ね、高機能空気清浄機と飛沫(ひまつ)防止パネルを寄付した。
同店はコロナ対策の専門店で、前市議の金森和道さんが感染拡大防止の取り組みの一環で運営している。製造は、空調のダクト製造や工事を手がける伊豆の国市の凌勇興業が行う。同社代表取締役の鈴木勇樹さんが金森さんの娘婿という縁で熱海市での事業を始めた。
寄贈した空気清浄機は、ランプ一体型など大小各1機。パネルは計10枚。金森さんは「第3波でコロナ感染者が増え、近隣の伊東市など県東部でもクラスターが発生している。予防対策は常に必要」などと話し、齋藤長社長は「もう一度、安心安全の予防対策を徹底したい」と話した。
あんしん工房では、コロナ対策に役立つ手作りマスク、飛沫防止アクリルパーテーション、パネル、アロマなども販売している。
(熱海ネット新聞)
■ あんしん工房 感染対策研究所
静岡県熱海市清水町14-4
電話 0557ー81ー7165

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
  2. 2021-1-22

    熱海市で高齢でない女性がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との接触/1月22日

    静岡県は1月22日、熱海市に住む高齢でない成人の女性(熱海市68例目、県4101例目)の新型コロナ…
  3. 2021-1-22

    熱海市昭和町の雑居ビル火災 遺体の身元が判明 59歳の住人女性

    1月9日に熱海市昭和町のアパートや事務所が入った雑居ビルが全焼した火災で、焼け跡から見つかった遺体…
  4. 2021-1-22

    今宮神社、節分豆まきを中止 神事と福引きの抽選は実施

    熱海市の今宮神社は、2月2日に予定していた「節分豆祭」の豆まきの中止を決めた。午後5時から節分祭神…
ページ上部へ戻る