【案内】「茶の庭」の紅葉が見頃 「光琳屋敷」の内部を一般公開 MOA美術館

MOA美術館内の「茶の庭」の紅葉が見頃をむかえいる。庭園内には、尾形光琳が晩年に自ら設計した「光琳屋敷」(復元)、抹茶処「一白庵」があり、抹茶とともに色鮮やかな紅葉が見ることが出来る。

光琳屋敷は、重要文化財 小西家文書(文化庁蔵)中に含まれる尾形光琳自筆の図面や大工仕様帖等の資料を基に、MOA美術館内に復元された建物で、光琳が晩年ここで「紅白梅図屏風」を描いたといわれる。その光琳屋敷の内部が下記の期日に限り、一般公開。琳派芸術の一端を、江戸時代にタイムトラベルした感覚で味わうことができる。

 

日時 :2013年11月16日(土)・17日(日)、22日(金)・23日(土)、12月1日(日)、7日(土)・8日(日) 11:30~
場所 :光琳屋敷
料金 :1000円(一白庵抹茶券含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-20

    【お悔やみ】工藤尚志さん(熱海市網代)9月18日死去

    工藤尚志さん(くどう・なおし)9月18日死去、92歳。熱海市網代。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
  2. 2020-9-19

    今夜、「ブラタモリ熱海編」アンコール放送 NHK総合で午後7時半から

    NHK総合で今夜(9月19日)午後7時30分から「ブラタモリ熱海編」(初回放送2016年1月16日…
  3. 2020-9-19

    熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

    熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静…
  4. 2020-9-19

    65歳以上の「お達者度」 県内の男性伸び率トップは熱海市 静岡県が公表  

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
ページ上部へ戻る