【市政】来年4月10日(市制記念日)に発行 熱海温泉誌の制作順調に進む

2017年の市政80周年を記念して、熱海市の温泉の歴史をまとめた「熱海温泉誌」を作成している同誌作成実行委員会の8人が25日、市役所に斉藤栄市長を訪ね、3年計画の2年目となる2015年度の進ちょく状況を報告した。2年目は依頼した執筆者の原稿の編集を中心に編集委員会が担当する資料編や温泉史関連年表を作成。また「熱海のゆかりの人びと」アンケート調査や明治時代の宿帳のデジタル化、「前田日誌」の翻刻などに取り組んだという。
代表で医学博士の内田實代表は「興味深い原稿が集まっており、予定通り、順調に進んでいる」と話し、「本年度中に仕上げ、市政80周年を迎える来年4月10日(市制記念日)の発行を目指している」と続けた。最終年となる28年度は編集作業のほか、熱海温泉に関する資料作成、装丁デザインなどを行う。

◆実行委員 内田實代表、石川理夫(編集委員長)、高柳友彦、稲村千尋、土屋基、佐野雄二、梅原郁三、山田芳和
◆熱海温泉誌 温泉に関する熱海の歴史、文化、観光経済を古代から近代まで読みやすく編集。A4版で約400ページ、オールカラー。3000円で初版3000部を予定。
◆熱海ゆかりの人びと 1位尾崎紅葉、2位沢田政広、3位坪内逍遥。以下、源頼朝、中山晋平、佐佐木信綱、北条政子、徳川家康、横山大観、釜鶴屋平七と続き、この上位10人を温泉誌で取り上る。アンケートは、昨年3~6月まで約4カ月間にわたって実施し、532人から回答が寄せられた。

1

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
  2. 2021-1-22

    熱海市で高齢でない女性がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との接触/1月22日

    静岡県は1月22日、熱海市に住む高齢でない成人の女性(熱海市68例目、県4101例目)の新型コロナ…
  3. 2021-1-22

    熱海市昭和町の雑居ビル火災 遺体の身元が判明 59歳の住人女性

    1月9日に熱海市昭和町のアパートや事務所が入った雑居ビルが全焼した火災で、焼け跡から見つかった遺体…
  4. 2021-1-22

    今宮神社、節分豆まきを中止 神事と福引きの抽選は実施

    熱海市の今宮神社は、2月2日に予定していた「節分豆祭」の豆まきの中止を決めた。午後5時から節分祭神…
ページ上部へ戻る