【観光】夜の客足を取り戻せ、ジャカランダのライトアップで熱海が変身

1

世界三大花木のジャカランダが咲く、熱海の夜の魅力を発信しようと、熱海市と市観光協会は12日からのジャカランダ遊歩道のライトアップを開始した。アーチイルミネーションや竹細工のオブジェが設置され、昼とは違い、多くの若い世代の観光客らがライトアップされた青紫の花の見に訪れた。熱海市は年間約308万人が宿泊する日本を代表する温泉観光地。ただ、中高年者が多く、夜の客足が少ないのが課題だった。このため、都市部では国内最大級のジャカランダが見られる「ATAMIジャカランダ・フェスティバル」に合わせ、期間中(26日まで)暗かったお宮緑地をライトアップし、夜の観光客を増やそうと企画した。ファンタジー感が漂う。

2 3 4 5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
  2. 2020-7-3

    来宮神社「令和樹神會」の天狗慰問始まる 桃山小学校で「御鳳輦」伝統伝える

    来宮神社の例大祭(14~16日)で本年度御鳳輦(ほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會…
  3. 2020-7-3

    熱海市和田浜南町に新ホテル建設 地上9階建て31室 ニュータカハシ跡地

    熱海市和田浜南町に新ホテルが建設されることが分かった。場所は国道135号沿いのホテル「ニュータカハ…
  4. 2020-7-2

    熱海南ロータリークラブ、新会長に岸秀明さん 創立60周年事業を推進

    熱海南ロータリークラブは7月2日、熱海後楽園ホテルで今年度の初例会を開き、新会長に就任した岸秀明氏…
ページ上部へ戻る