【スポーツ】テニス部の鈴木芽吹君(泉中3年)、陸上男子3000mで東海大会V

「全日本中学校陸上競技選手権大会」(長野県松本市)に出場する鈴木芽吹君(泉中3年)が19日、堀之内伸治校長とともに熱海市役所に斉藤栄市長を訪ね、出発のあいさつをした。鈴木君は東海中学総体(名古屋市・瑞穂スタジアム)の陸上競技男子3000mで優勝し、21日から始まる全日本中学校陸上競技選手権大会では1500mと3000mに出場する。泉中学には陸上部がないため、テニス部に所属しながら伊東市の陸上クラブに通い、自宅近くの千歳川沿いを走るなどして、2020年東京五輪出場を目標にトレーニングを続けている。
◆鈴木芽吹君の話 調子が上がらず焦った時期もあったが、それを乗り越え力がついた。持てる力を発揮して入賞を目指したい。
写真=熱海市広報

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

    熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から長浜海岸で…
  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

    熱海市の長浜海岸で8月16日夜、お盆の風物詩「灯籠流し」が行われた。多賀湾に400個の淡い光…
  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会主催)が開…
  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
ページ上部へ戻る