【肉眼心眼】吉田拓郎さんが感動した「上弦の月」、熱海でもくっきり  

1
仲秋の名月(9月15日)が近付く中、9日午後8時49分、吉田拓郎さんの名曲「旅の宿」の歌詞にも登場する「上弦の月」の完全半月が熱海の空でもはっきり見ることができた。「♪浴衣の君はススキのかんざし~」おそらく拓郎さんは、旅の宿で温泉に入った後、彼女と熱燗(あつかん)を酌み交わしながら、月が真半分になるこのような上弦の半月を見上げていたのだろう。
 月の満ち欠けは、新月→上弦の月→満月→下弦の月→新月→(29・5日サイクル)。上弦の月は正午頃登り、夕方に南中する半月で、深夜、西の空に沈んでいく。今回は、仲秋の名月への過程にあり、これから何日間かは、火星と土星の近くを、地球のまわりを公転しながら、日に日に形を変えながら移動していく。すぐそばには、さそり座の1等星アンタレスも輝いており、月と明るい星たちの天体ショーも楽しめる。
秋の風物詩といえば、何といっても十五夜のお月見。月の満ち欠けがきっちり1日単位ではないため、十五夜が満月とは限らず、今年の満月は17日。十五夜には、伊豆山神社で源実朝をしのぶ「十五夜祭」、来宮神社では雅楽を聞きながら十五夜をめでる「仲秋観月祭」が催される。
(熱海ネット新聞)
img_6058ss
img_6056ss
2
3
9月9日の熱海市街

%e5%8d%81%e4%ba%94%e5%a4%9c%e7%a5%ad
tuki
昨年の十五夜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-27

    「変異種感染者の市町名公開を」齋藤栄市長、コロナ情報開示で県を批判

    熱海市の齋藤栄市長は1月26日、英国で流行している新型コロナウイルスの変異種への感染が静岡県内で4…
  2. 2021-1-27

    【お悔やみ】稲葉精司さん(熱海市紅葉ガ丘)1月25日死去

    稲葉精司さん(いなば・つかさ)1月25日死去、81歳。熱海市紅葉ガ丘町18の58。出棺28日午前1…
  3. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  4. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
ページ上部へ戻る