【肉眼心眼】吉田拓郎さんが感動した「上弦の月」、熱海でもくっきり  

1
仲秋の名月(9月15日)が近付く中、9日午後8時49分、吉田拓郎さんの名曲「旅の宿」の歌詞にも登場する「上弦の月」の完全半月が熱海の空でもはっきり見ることができた。「♪浴衣の君はススキのかんざし~」おそらく拓郎さんは、旅の宿で温泉に入った後、彼女と熱燗(あつかん)を酌み交わしながら、月が真半分になるこのような上弦の半月を見上げていたのだろう。
 月の満ち欠けは、新月→上弦の月→満月→下弦の月→新月→(29・5日サイクル)。上弦の月は正午頃登り、夕方に南中する半月で、深夜、西の空に沈んでいく。今回は、仲秋の名月への過程にあり、これから何日間かは、火星と土星の近くを、地球のまわりを公転しながら、日に日に形を変えながら移動していく。すぐそばには、さそり座の1等星アンタレスも輝いており、月と明るい星たちの天体ショーも楽しめる。
秋の風物詩といえば、何といっても十五夜のお月見。月の満ち欠けがきっちり1日単位ではないため、十五夜が満月とは限らず、今年の満月は17日。十五夜には、伊豆山神社で源実朝をしのぶ「十五夜祭」、来宮神社では雅楽を聞きながら十五夜をめでる「仲秋観月祭」が催される。
(熱海ネット新聞)
img_6058ss
img_6056ss
2
3
9月9日の熱海市街

%e5%8d%81%e4%ba%94%e5%a4%9c%e7%a5%ad
tuki
昨年の十五夜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
  2. 2020-7-3

    来宮神社「令和樹神會」の天狗慰問始まる 桃山小学校で「御鳳輦」伝統伝える

    来宮神社の例大祭(14~16日)で本年度御鳳輦(ほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會…
  3. 2020-7-3

    熱海市和田浜南町に新ホテル建設 地上9階建て31室 ニュータカハシ跡地

    熱海市和田浜南町に新ホテルが建設されることが分かった。場所は国道135号沿いのホテル「ニュータカハ…
  4. 2020-7-2

    熱海南ロータリークラブ、新会長に岸秀明さん 創立60周年事業を推進

    熱海南ロータリークラブは7月2日、熱海後楽園ホテルで今年度の初例会を開き、新会長に就任した岸秀明氏…
ページ上部へ戻る