【経済】熱海梅園産の「梅ジャム」販売、東明がきょうから


梅まつりの開幕に合わせ、食品卸会社「東明」(岸幸宏社長)は1月7日から熱海梅園で収穫した梅を活用した「梅ジャム」を「ラスカ熱海」岸浅次郎商店や市内のホテル旅館、土産物店などで販売する。6日、岸社長と岸剛史営業課長が市役所を訪れ、稲田達樹観光建設部長に完成を報告した。
熱海市では2006年から熱海梅園の梅の実を活用した名産品を企画、東明がこれに応じ、梅まんじゅうや梅園梅干などを販売している。今年から梅ジャムをラインアップした。販売価格は梅ジャムが698円(140グラム)、梅まんじゅうは1箱9個入り900円。梅園梅干しは600円(150グラム)。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る