【編集室】ウメの開花、記録的な開花速度だった昨季をさらに上回るペース 


梅まつり開催中の熱海梅園で1月11日、早咲き種が見ごろに入った。園内には59品種472本の紅白梅が植えられているが、このうち271本が早咲き種。その約9割が花を咲かせ、続々見頃を迎えている。平年より2週間早く、記録的な開花スピードだった昨季をさらに上回る開花速度で、今月下旬には最盛期を迎える勢い。
気象庁は、東京での梅の開花について「平年より16日早い」、名古屋地方気象台は「平年より23日早い」と発表。熱海でも3週間程度早いと予測される。梅は種類により、早咲き→中咲き→遅咲きと開花するが、熱海市観光協会は「梅まつりが閉幕する3月5日まで何とかもってほしい」と、スローダウンに期待を寄せる。うれしい悲鳴-。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-15

    今年も絶景パノラマ MOA美術館「水晶殿」 色鮮やかなツツジ、美を誇る

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  2. 2021-4-15

    伊豆山神社例大祭 2年連続で神事だけ 石段下り、神輿渡御は中止

    熱海市の伊豆山神社例大祭の本祭が4月15日午前、同神社で斎行された。新型コロナウイルスの感…
  3. 2021-4-14

    熱海市で今年最高の23•8度 低気圧が通過し、6月上旬並みの気温

    関東や東海は4月14日、低気圧が通過したため、気温が上昇した。気象庁のデータによると、静岡市(駿河…
  4. 2021-4-14

    静岡知事選で自民県連、岩井茂樹参院議員擁立へ 川勝氏との事実上「一騎打ち」

    任期満了に伴う静岡県知事選(6月3日告示、20日投開票)で、独自候補の擁立を目指していた自民党静岡…
ページ上部へ戻る