【文化】尾崎紅葉しのび筆供養 湯宿一番地前の筆塚で



熱海の名を全国に知らしめた名作「金色夜叉」の作者で明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚保存会主催)が1月17日、熱海市春日町の湯宿一番地(旧志ほみや旅館)前の筆塚碑広場であった。来宮神社・雨宮盛克宮司の神事に続いて、参列者は紅葉が生前、愛用していた筆が祀(まつ)られている筆塚(1932年=昭和7年建立)に玉串を捧げ、遺徳をしのんだ。
同旅館社長で保存会の榛葉公孝会長があいさつし、アニメ・漫画などの舞台になったとされる土地に実際訪れる聖地巡礼を紹介し、「尾崎紅葉先生が執筆した『金色夜叉』も当時のメディアである新聞でたくさんの人に読まれ、熱海温泉はそんな素晴らしいところなら行ってみようということで発展した経緯がある。素晴らしいことだ」と功績をたたえた。
斉藤栄市長、杉山利勝市議会議長、藤曲敬宏県議、原規公熱海市町内会長連合会東部地区会長、森田金清前熱海市観光協会会長をはじめ、市議、町内会、周辺商店街の関係者50人が参列した。
◆筆塚保存会=東田原町、田原町、田原本町、桃山台町、桃山町の5町内会の保存会メンバーで構成。昭和28年に始まり、今年で64回目。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
  2. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  3. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  4. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
ページ上部へ戻る