【天体】月が土星に寄り添う、熱海上空でくっきり 21日午前4時半激写

”春の嵐”から一夜明けた2月21日未明、熱海市の上空で下弦過ぎのやや細い月が土星に近づき、寄りそうようすを見ることができた。満月だと明るさ0.3等の土星は見えにくいが、今朝は月明かりの中でもたやすく見つけられことができた。土星の近くではさそり座で最も明るい恒星「アンタレス」も輝いている。1等星アンタレスは直径が太陽の720倍、明るさは8000倍から1万倍あるという。本日の熱海は快晴。=21日午前4時半ごろ撮影
(熱海ネット新聞・天体取材班)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-23

    秋の夜空に5千発 4連休最終日、熱海秋季海上花火大会 ホテルは満室

    秋の4連休最終日の9月23日、熱海湾で秋季熱海海上花火大会が開幕した。台風12号の影響で小…
  2. 2020-9-23

    イベント緩和 南熱海ロングビーチガールズ、長浜特設市でフラダンス披露 

    熱海市上多賀の長浜海浜公園・うみみえ~る長浜で9月22日、地元のフラグループ「南熱海ロング…
  3. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  4. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
ページ上部へ戻る