【天体】月が土星に寄り添う、熱海上空でくっきり 21日午前4時半激写

”春の嵐”から一夜明けた2月21日未明、熱海市の上空で下弦過ぎのやや細い月が土星に近づき、寄りそうようすを見ることができた。満月だと明るさ0.3等の土星は見えにくいが、今朝は月明かりの中でもたやすく見つけられことができた。土星の近くではさそり座で最も明るい恒星「アンタレス」も輝いている。1等星アンタレスは直径が太陽の720倍、明るさは8000倍から1万倍あるという。本日の熱海は快晴。=21日午前4時半ごろ撮影
(熱海ネット新聞・天体取材班)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  2. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  3. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  4. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
ページ上部へ戻る