【文化】福泉寺の首大仏など泉・湯河原の名所を巡る 奥深さを実感


熱海グローリーワイズメンズクラブ(勝又隆吉会長代行)は3月26日、市民ふれあいウオーキングを開催した。一般市民を対象に、毎年開催している恒例イベントで、今年は「泉・湯河原」にコースを設定。参加者42人が隠れた名所を歩いて回った。
JR湯河原駅の土肥実平夫婦像から城願寺、五所神社、福泉寺「首大仏」、光風荘、不動滝まで約5キロのコース。ニューウェルシティ湯河原での昼食をはさみ、隣接する両市町の歴史や文化に触れながらウオーキングを楽しんだ。
源頼朝の挙兵を支えた土肥実平の菩提寺・城願寺では、源氏再興に活躍した「頼朝七騎」の木彫り像を特別に公開してもらった。福泉寺では、江戸時代に名古屋城主徳川光友が母を弔うため城内に建立したと伝わり、戦後、同寺に移された際に肩から上だけになった稀有な「首大仏」などを見学。この日は参加者が4つのグループに分かれ、各グループに湯河原観光ボランティアが付き、時代背景や、保存状態などを分かりやすく説明した。
◆首大仏 千歳川の南岸に立つ曹洞宗の古刹「福泉寺」(熱海市泉)境内に立つ、珍しい陶製の大仏像。江戸時代に名古屋城主徳川光友が母を弔うため城内に建立したと伝わり、戦後、現地に移された際に肩から上だけになったため「首大仏」とよばれている。
◆土肥実平 土肥郷(現湯河原町・真鶴町一帯の古名)を本拠地とした武将。治承4年(1180年)に挙兵した源頼朝は石橋山合戦で惨敗。平家のきびしい追撃をかわし、7・8騎で箱根権現に逃れた際に案内した頼朝の側近。その後、頼朝を真鶴から房総半島の安房国へ脱出させ、三浦一族とともに厚い信任を受けた。
写真=加藤博さん(Glory Atami)提供


土肥実平夫婦像=JR湯河原駅前



「頼朝七騎」の木彫り像=特別公開


湯河原観光ボランティア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る