【社会】原水爆禁止平和大行進が熱海入り、平和通りで「ノーモア ヒロシマ」


広島、長崎で8月に開かれる「原水爆禁止2017年世界大会」に向け、核兵器廃絶を訴えながら歩く「国民平和大行進」(原水協などでつくる実行委員会主催)が5月19日、湯河原町から県境を越えて熱海入り。JR熱海駅から平和通り商店街、咲見町を通って渚小公園まで進んだ。北朝鮮が急ピッチで核武装を進めていることもあり、参加者は「核兵器を禁止し廃絶する条約を」と書かれた横断幕などを掲げ、「ノーモア ヒロシマ ナガサキ フクシマ」などと例年以上に声高に訴えながら歩みを重ねた。
大行進は5月6日に東京・夢の島を出発。東京→広島コースは静岡、愛知、滋賀各県などを経て8月4日に広島市の平和記念公園に到着する予定。1958年以来、半世紀以上にわたって雨の日も風の日も毎年同じ日程で行進を続けている。全国11のコースでリレーする。
(熱海ネット新聞)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-23

    【市政】まちづくり審議会、5年ぶりに発足 委員7人に委託状を交付

    第7回熱海市まちづくり審議会が8月22日、市役所で開かれ、齊藤栄市長が委員7人に委託状を…
  2. 2017-8-23

    【社会】湯河原町で女性はね、重傷負わす 運転していた熱海市職員逮捕 

    小田原署は8月21日、過失運転致傷の容疑で神奈川県湯河原町に住む熱海市職員の男性室長(43)を現行犯…
  3. 2017-8-23

    【観光】「縁結び花火」でさざえ祭りが幕 金と銀のナイアガラ、伊豆山彩る

    晩夏の熱海の風物詩「さざえ祭り&花火大会」最終日の8月2…
  4. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
ページ上部へ戻る