【社会】原水爆禁止平和大行進が熱海入り、平和通りで「ノーモア ヒロシマ」


広島、長崎で8月に開かれる「原水爆禁止2017年世界大会」に向け、核兵器廃絶を訴えながら歩く「国民平和大行進」(原水協などでつくる実行委員会主催)が5月19日、湯河原町から県境を越えて熱海入り。JR熱海駅から平和通り商店街、咲見町を通って渚小公園まで進んだ。北朝鮮が急ピッチで核武装を進めていることもあり、参加者は「核兵器を禁止し廃絶する条約を」と書かれた横断幕などを掲げ、「ノーモア ヒロシマ ナガサキ フクシマ」などと例年以上に声高に訴えながら歩みを重ねた。
大行進は5月6日に東京・夢の島を出発。東京→広島コースは静岡、愛知、滋賀各県などを経て8月4日に広島市の平和記念公園に到着する予定。1958年以来、半世紀以上にわたって雨の日も風の日も毎年同じ日程で行進を続けている。全国11のコースでリレーする。
(熱海ネット新聞)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
  2. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  3. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  4. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
ページ上部へ戻る